知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

日焼け後のケア用品は何がある?顔はどうする?薬で良いものは?

      2016/06/13

butt-406413_640

日焼けしたくないと思って日焼け止めを塗ったりしているけれど塗り方にムラがあったり自分に合っていないものだと焼けてしまうことがあります。

また、日焼け止めを塗り忘れて焼けてしまった場合は日焼け後のケアをしっかりと行うようにしてくださいね。

ケアの仕方次第ではシミやシワなどの原因になってしまいます。

スポンサードリンク

日焼け後に使うケア用品には何がある?

日焼けをしてしまったのであれば落ち込む前にしっかりとケアをしていきましょう。

【収れん化粧水】
日焼け後のケアとして使われることが多いのが収れん化粧水です。
収れん化粧水は日焼けで火照ってしまった肌を鎮める効果を期待できます。

通常はオイリー肌の人や夏場にテカリが気になる時に使うものですが、日焼け後のケアとしても使うことができるので日焼けをした時の為に買っておくと良いかもしれません。
収れん化粧水を使う場合は事前に冷蔵庫で冷やしておくと効果的です。

この化粧水は肌の引き締め効果なども期待できますし、元々はオイリー肌向けに作られていた化粧水ということもあって皮脂の分泌も抑えられます。

夏だけではなく年中皮脂に悩まされているのであればこの機会に化粧水を変えてみるのもアリですよ。
skin-care-1122664_640
【日焼け後のケアに使えるボディークリーム】
日焼けをすると水分が失われてしまったりシミやそばかすなどの心配も出てきます。

そんな時におすすめなのがボディークリームです。
美白成分や保湿効果のあるクリームを使えばしっかりと肌に水分を与えることができますし、紫外線を受けて大きなダメージを受けた肌を優しくケアしてくれます。

こうした商品の中には日焼けサロンなどで働いているプロが作った商品もあったりするそうなので、効果を確かめながら購入するか決めてみてください。

日焼け後の顔のケアってどうやるの?

日焼けは腕や足、デコルテ、背中といった部分だけではありません。
時には顔も焼けてしまうことがあるので、もし日焼けしてしまったのであれば顔もしっかりとケアしていくようにしましょう。

【一番大切なのは冷やすこと!】
日焼け後の顔などを触ってみると熱いことが分かるかと思います。
日焼けと言われていますが、要はやけどの一種です。

やけどをすると肌が熱くなるだけではなくその部分から水分が蒸発してしまいます。

それを放置しているとどんどん乾燥してダメージも大きくなってしまうので、まずは冷やすようにしましょう。

シャワーを顔に当てるのもいいですが保冷剤や氷をタオルで巻いて肌に当てるのもいい方法ですので、家に帰ってきたらまず冷やすようにしてみてください。

【化粧水は刺激の少ないものを使う】
火照りがある程度静まってきたら化粧水を使います。

この時に注意してほしいのは保湿力と刺激です。
日焼け後の肌は水分などの潤いが失われている状態なので保湿力の高い化粧水を使うようにしてみてください。

また、アルコールや添加物の入った化粧水は肌に余計な刺激を与えてしまうので、できればノンアルコールだったり添加物の少ないものを選ぶといいですね。

肌への刺激を極力抑えたいのであればジェル状の化粧水を使うのもアリです。

【やってはいけないこと】
・パッティング
・日焼け後すぐに美白化粧品を使う
・サボる

パッティングをすることで大きなダメージを受けた肌にさらに追い打ちをかけてしまいます。

日焼け後は肌が弱っているので労わるように優しく化粧水を馴染ませていきましょう。

日焼け後すぐに美白化粧品を使うとヒリヒリすることがあります。

普段は肌に良い成分でも日焼けでダメージを受けた肌には刺激になることがあるので美白化粧品は火照りなどが十分に治まってから使うようにしてください。

一番やってはいけないのがサボることです!
面倒ではありますが、サボると後々シミやシワとなって帰ってくるのできちんとケアするようにしましょう。

スポンサードリンク

日焼け後のケアに使える薬って?

日焼けをした後はヒリヒリしたり肌が熱くなったりすると思います。
そんな時におすすめなのがアロエが配合されたクリームや馬油といったものです。

【アロエクリームの効果】
・殺菌効果
・消炎効果
・保湿効果
・血行促進
・新陳代謝の促進

アロエクリームは肌の火照りを取ってくれたりニキビなどを予防する効果があります。

この他にも潤いのある肌にしてくれたりシミやそばかすの予防にもあるので日焼け後だけではなく普段から使っていきたい商品ですね。

【馬油の効果】
・消炎効果
・保湿効果
・スキンケア
・殺菌効果

馬油も炎症や熱を取り除いてくれる効果を期待できます。
この他生活習慣病や老化防止効果などもあるので持っておくといろいろ便利ですよ。

普段使いもできる商品ですので、どちらか使いやすい方を買ってみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 病気や体の悩み