知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

諏訪湖花火大会2016の日程は?場所取りや駐車場はどこがいい?

   

fireworks-180553_640

8月に長野県で開催されるイベントと言えば?
そう!諏訪湖花火大会です。

8月頃になると日本全国いろいろな所で花火大会が開催されるようになりますが、諏訪湖花火大会で打ち上げられる花火の数というのは日本の中でもトップクラスなんだそうですよ。

諏訪湖花火大会で打ち上げられる花火の数は何と4万発!
日本最大級と言われるのも納得の数ですよね。

4万発の花火はただ打ち上げるだけではなく、時に激しく、時にゆったりとした雰囲気を味わわせてくれます。

打ち上げ開始から終了まで全く飽きることが無いため、あっという間に終わってしまったと感じる人もいるかもしれません。

また、数が凄いのは打ち上げ数だけではありません。
来場者数が50万人を超える全国でも有名で人気の高い花火大会の一つなんですよ。

スポンサードリンク

諏訪湖花火大会2016の日程と見どころは?

日程: 2016年 8月15日(月)
開始時間:19時から
会場・場所:長野県諏訪市湖畔前諏訪湖上

諏訪湖花火大会は毎回見に来た人を飽きさせない演出が盛りだくさんです。
感動的な花火や大迫力であっと驚かせてくれるような花火などさまざまです。

見どころは全てと言ってもいいくらいですが、あえて言うのであれば「水上スターマイン」や「ナイアガラ」でしょうか。

他の花火大会でも見ることのできる演出ですが、諏訪湖花火大会の水上スターマインは水上で花開く半円の花火がとっても綺麗なんです。

最初は湖の両端から打ち上げられ、それが徐々に中央に近づいていきます。

どの花火も本当に綺麗な半円を描きながら中央に向かっていくので会話も忘れてしまうほど見入ってしまう人が多くいると思います。

花火は水面ギリギリのため半円ですが、水面に反射して円形に見えるとっても綺麗な花火です。

もう一つ忘れてはいけないのがナイアガラです。
ナイアガラは横長で滝のように見える花火のことなのですが、諏訪湖花火大会で打ち上げられるナイアガラは全長2kmととっても長くて大きいんです!

想像だけでもかなりの迫力がありそうだということはわかりますよね。

実際見てみると本当に大迫力で目を離すことができなくなります。
大迫力であると共に感動もできるような花火になっているので楽しみにしているといいですよ。

諏訪湖花火大会は石彫公園で場所取りするべき?

諏訪湖花火大会には石彫公園と湖畔公園の2か所に有料自由席があります。

約11,500席用意されているようなのですが、指定席ではないためチケットを購入したらあとは好みの席を場所取りしないといけません。
石彫公園は場所でいうと左側になります。

湖畔公園は右側になるのですが基本的にどちらでも綺麗に花火を見ることができるので好みの方を選ぶと良いでしょう。

花火大会の開催場所によっては有料指定席のところがありますよね。

指定席なら場所取りする必要もないので楽ですが、諏訪湖花火大会は自由席なので最前列を確保したいのであれば朝早くから場所取りに向かう必要があります。

ただ、とにかくゆっくり花火を見たいのであれば開門時間である午後2時くらいに行ってもしっかり場所を確保することはできますよ。

どちら側の方が良いかはその人の好みで問題ありません。
最前列で見たいというのであればちょっと辛いとは思いますが、早起きをしてみてください。

場所取り以外にも駐車場の空き状況なども確認するようにするとスムーズに駐車することができますし、場所取りに手間取ることも無いかと思いますよ。

スポンサードリンク

諏訪湖花火大会当日の駐車場について

諏訪湖花火大会当日は臨時の駐車場が用意されます。
無料だったり有料だったりするところがあるのでよく確認するようにしてくださいね。

会場に行く間に満車になってしまうことがあるので、そういう時はラジオを利用するといいでしょう。

FM769「花火ラジオ」では駐車場情報もきちんと伝えてくれるからどこなら空いているのかをしっかりと把握できて便利です。

ただ、一部の道路では午後3時頃から歩行者天国になり、車の通行が不可になる所があるので十分注意しながら会場に向かうようにしてくださいね。

まとめ

遠方から見に来ても満足できるくらい豪華で大迫力の花火になっているので、見に行ったことが無いのであればこの機会に是非見に行ってみてください。

一度見たらまた来年も見に来たいと思えるような内容になっていますし、いつまでも記憶に残るような花火大会でもあるので家族との思い出作りにもぴったりですよ!

スポンサードリンク

 - イベント・お祭り