知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

暑中見舞いの時期はいつまで?文例や書き方の方法とは?

   

syochumimai3

日本にはその時期によって挨拶のはがきを送る習慣がありますよね。
新年には年賀状、冬には寒中見舞い、そして夏には暑中見舞いなどを送ります。

最近ではこういったものを送る人が少なくなってきましたが、自分の近況報告ができたり元気でいることを伝えられたりするのでとても大切なものです。

ただ、これらのはがきは時期を過ぎてしまうと相応しくないものになってしまうので注意しないといけませんよ。

また、ある程度書き方というものも決まっているのでよくわからないのであれば例文などを参考に書いてみるようにしてみてください。

スポンサードリンク

暑中見舞い時期いつまで出せるの?

暑中見舞いは夏の時期に送る挨拶状のことです。
普段遠くに住んでいてなかなか会うことができない友人や日頃お世話になっている人に送るものなのですが、この暑中見舞いというのはいつまで出すことができるものなのでしょうか?
post_tegami_toukan
暑中見舞いの時期は大体梅雨が明けてから立秋前までと言われています。
暦上「夏」と言われる日までは暑中見舞いを出すことができるのでよく覚えておきましょう。

ただ、自分の住んでいる地域では梅雨が明けていたとしても相手の住んでいる地域ではまだ梅雨が明けていない場合もあります。

また、相手の家に暑中見舞いが届くころには立秋が過ぎてしまうという場合は、無理せずに出すのではなく残暑見舞いとして出した方が失礼になりません。

なので、暑中見舞いは梅雨が明けて夏らしく気温が高くなってきた頃に出すようにすると良いですよ。

暑中見舞いの書き方って?

暑中見舞いを書こうを思っているのであれば忘れてはいけない一文があります。
それは「暑中お見舞い申し上げます」という挨拶文です。

暑中見舞いと言えばこの言葉ですし欠かすことのできない挨拶ですので忘れずにしっかりと書くようにしましょう。

また、文末には「○○年 盛夏」と書くようにすることも忘れないでくださいね。
挨拶文と文末の間は送る相手に合わせて書き方を変えるようにしてください。

大体の書き方としては

【冒頭の挨拶】
  ↓
【時候の挨拶】
  ↓
【相手の安否を気遣う言葉】
  ↓
【こちらの近況報告や何かしてもらったことがあるのであればそのお礼】
  ↓
【先方を気遣う言葉や終わりの言葉】
  ↓
【日付】

といった感じですね。

スポンサードリンク

暑中見舞いの文例を紹介!

暑中見舞いの書き方は分かっても具体的にどんなことを書いたらいいのか分からなかったら意味がありません。

かなり親しい間柄なのであればそこまで気にする必要はありませんが、目上の人やお世話になっている人などに送るのであればそれなりにきちんとした書き方をした方がいいでしょう。

【文例】
「暑中お見舞い申し上げます
厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
私たちも暑さに負けぬよう頑張っております。
夏もこれからが本番、暑い日が続くようです。皆さまくれぐれもご自愛ください。
平成○○年 盛夏」

こういった書き方であればそこまで失礼にはなりませんし難しくもありませんよね。
この他にもいろいろな書き方がありますのでいろいろと参考にしながら一度自分なりに書いてみてください。

親しい間柄であればそこまでかしこまった書き方をする必要はないかと思います。
逆に変にかしこまってしまうと伝えたいことを上手く伝えることができなくなってしまったりするので相手によって書き方を変えるようにしてみましょう。

まとめ

暑中見舞いなどは特別な用事はないけれどあまり連絡を取っていない友人のことが気になった時などに便利です。

久々に連絡を取りたいと思った時やどうしているか気になった時はその時期に合わせて暑中見舞いなどを送ってみてください。

メールなどよりハガキで送った方が温かみもありますし保管しておけば一生形に残ります。
また連絡を取り合うことができるようになるかもしれませんのでこの機会に友人やお世話になっている人などに送ってみましょう。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣