知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

新生児の熱中症 予防方法は?症状や室内対策について

   

akachan_mother

新生児はいろいろなことに気を付けてあげないといけません。
二人目や三人目の子供であればある程度慣れているかもしれませんが、初めての子供の場合はちょっとした症状でも慌ててしまいますよね。

こんな時はどうしたらいいのか、どんなことをしたらいいのかなどが分かっていないと対処も遅くなってしまいます。

焦ったり慌てたりして冷静な判断ができないと症状が悪化してしまうこともあるので、大事な時に適切な対処ができるようにしておきましょう。

新生児の時もいろいろな病気や症状といったものが現れることがありますが、夏場に気を付けたいのは熱中症ですよね。
熱中症は子供や大人に関係なく気を付けないといけないものです。

熱中症は休めば大丈夫だろうと思っているかもしれませんが、最悪の場合命の危険もありますので油断することはできません。

スポンサードリンク

新生児の熱中症予防の方法とは?

新生児でも場合によっては熱中症になってしまうことがあります。
ただ、言葉を話すことができませんし感情表現などもまだまだ分かりにくい所があるので注意深く観察する必要があります。

生まれたばかりの子供にそんな辛い思いをさせたくないと思っているのであれば熱中症にならないように普段から予防をするようにしましょう。

外に出る時は帽子を被る

長時間外出をするのであれば帽子は必須です。
特に真夏日などは直射日光を避けることが熱中症予防になるので忘れずに被せるようにしてくださいね。

子供によっては帽子を嫌がることもあるので、可愛らしいデザインのものを買うようにしたり外出する時は帽子を被ることを習慣づけるようにしてみてください。

また、帽子の中が蒸れることがあるので帽子用の保冷剤などを使ってあげると蒸れたりするのを避けられます。

服や部屋の温度を調節して熱中症予防

夏の間は気温がかなり上がります。
なのでその日の気温に合わせて着ている服を1枚脱がせるようにしたり、室内にいるのであればエアコンや扇風機といったものを使って過ごしやすくしましょう。

部屋の温度は26度~28度程度に設定していきなり冷えないようにしてあげてください。
また、暑いからといって子供に冷たい風を当てないように気を付けてくださいね。

保冷剤を使って体を冷やす

赤ちゃんの体が熱くなっているのであれば保冷剤を使って冷やしてあげるのも方法の一つです。

保冷剤は直接肌に当てるのではなく濡れているタオルで包んで脇の下や首元などに当ててください。
股の下に当てるのもいい方法です。

ベビーカーを使って外出する時はベビーシート用の保冷剤などがあるのでそれを使ってお出かけする方法もありますよ。

新生児の熱中症の症状って?

akachan_cry

赤ちゃんの熱中症とみられる症状はたくさんあります。

1.ぐったりしている
2.唇が渇いている
3.元気が無い、機嫌が悪そうにしている
4.顔色が悪い
5.顔が赤くて熱い
6.脈が弱い
7.呼びかけても反応してくれない
8.汗をかかない
9.おしっこが出ない
10.泣いている声に元気が無い
11.ミルクをいつもよりも多く飲もうとする
12.意識が朦朧としている

これらの症状が赤ちゃんに見られる場合は熱中症の可能性がありますのできちんとした対応をして必要であれば病院に連れていくようにしてください。

また、これらの症状の中で初期症状と言われているのが3、5、8、9、11です。
こういった症状が見られる場合は水分量が低下し、脱水症状に陥っている可能性があるので涼しい場所に移動させて水分を摂らせるようにしましょう。

とくに重篤な症状と言われているのが1、7、12です。
これらの症状が見られる場合はすぐに病院へ連れていくようにしてください。

救急車を呼ぶのもいい方法ですので様子がおかしいと思ったら少しでも早く病院で適切な治療を受けさせるようにすることが大切です。

スポンサードリンク

新生児は室内でも熱中症になるの?

室内であれば安全だと思っているかもしれませんが、そうとは言い切れません。
室内であろうと部屋の温度や湿度などが高かったりすると熱中症になってしまう可能性があるので気を付けないといけません。

新生児が快適に過ごせる部屋の温度は18度~26度、湿度は40%~60%だと言われています。

なので、部屋に温度計などを取り付けて部屋の温度がどのくらいあるのか、適温よりもかなり高くなっているのであれば扇風機やエアコンなどを使って部屋の温度や湿度を調節するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

 - 病気や体の悩み