知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

七夕飾りの作り方 保育でやる折り紙の折り方や工作の意味は?

   

tanabata_title

7月には七夕がありますよね。
毎年全国各地で七夕に関するお祭りがあったり自宅で七夕を楽しむ人もいるかと思います。

楽しみ方はいろいろありますが、保育園や自宅で七夕を楽しむのであれば七夕飾りを作って、みんなで思いっきり七夕を楽しむようにしてみてください。

七夕飾りは簡単に作れるものが多いですしきちんと作って意味を教えてあげることで子供にも良い教育になるかと思います。

スポンサードリンク

保育園児でも作れる七夕飾りの作り方って?

保育園に通っているような子供と一緒に七夕を楽しみたいのであれば、親子で七夕飾りを作ってみるのもいいですね。

ハサミなどの刃物は親が担当して貼り付けたりするのを子供が担当すればいいコミュニケーションにもなりますし楽しい思い出を作ることもできますよ。

■輪っかつづり
お誕生日などのお祝いの時にも作ったりする輪っかが何個も繋がっているアレです。

【作り方】
折り紙を2cm~3cm程度の幅で縦に切り、1つだけ輪っかを作って端の部分をのりで貼り付けます。

あとは作った輪っかに折り紙を通して同じように輪っかを作り、端の部分をのりで付けていけばいいだけです。

好きな長さまで作ることができたら完成です。
長くしても良いですし、短いものを何個も作ってみるというのもいいですね。

【輪っかつづりの意味】
輪っかつづりには裁縫などの織物が上手くなるように、願いが消えずにずっと繋がるようになどの願いが込められているようです。

■投網
折り紙を半分、また半分といったように何度も折っていき、ハサミで上下交互に切込みを入れていくだけです。

あとは広げてひもを通して吊るしましょう。
切込みを入れる時は間違って切り落としたりしないように注意してくださいね。

【投網の意味】
豊漁の願いが込められています。

この他にもいろいろな七夕飾りの作り方があるので簡単に作れる方法を探して作ってみてください。

七夕飾りの折り紙の折り方は?

折り紙で作る七夕飾りはたくさんあります。

・短冊
・織姫と彦星
・投網
・くずかご
・輪っかつづり
・ちょうちん
・星

などたくさんの七夕飾りがあります。

難しそうに見えるものもありますが、動画などを見れば意外と簡単に作れたりするので気になるものがあるのでしたら是非動画を見ながら作ってみてください。

七夕飾りの工作は意外と簡単?

七夕飾りを探してみるとどれも難しそうに見えてしまいますよね。
自分は不器用だから作れない、手順が複雑だと面倒くさそうとか思ってしまうかと思います。

ですが、作るものによってはかなり簡単で、折り紙だけあれば良い物、折り紙を少し折ってあとはハサミを入れれば簡単に作れるようなものもあります。

上で紹介したような投網や輪っかつづりであれば不器用な人でもすぐに作れますしコツなども必要ありません。

このような工作は小さい子供でも作れるようなものがたくさんあるので、子供と一緒に七夕を楽しみたいのであれば全て親が用意するのではなく子供と一緒に作ってみると良いですよ。

子供と一緒であれば準備するのも楽しくなりますし子供も頭を使ったりして脳の発達の手助けになったりするので是非試してみてください。

スポンサードリンク

七夕飾りにはそれぞれどんな意味があるの?

少し書きましたが七夕飾りにはそれぞれ込められた意味があります。

その意味を知っているのと知らないのとでは有難みなども変わってきますし、子供にどんな意味があるのか教えられなくなってしまいます。

大人でも知らない人はたくさんいると思うのでこの機会に七夕飾りに込められた意味を調べてみましょう。

sasanoha

■紙衣
・裁縫が上手になるように
・紙衣を作った人に降りかかる災難や病気の身代わりにもなってくれる

■投網・網飾り
・豊漁になるように
・幸せを掴み取れるように

■巾着
・お金が貯まるように

■吹流し
・織姫のように織物や裁縫が上手くなるように

■くずかご
・物を粗末にしないように
・整理整頓をするように
・節約や倹約ができるように

■千羽鶴
・家族が長生きするように

■短冊
・字が上手くなるように
・願い事が叶うように

ただ単にに飾られているだけと思っていた飾りにもこうした願いが込められています。

短冊の意味が多くの人が知っているかと思いますが、その他のことも覚えておくと七夕がより一層楽しくなるんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

 - イベント・お祭り