知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

飛行機の手荷物の大きさや個数は?液体は国内と海外の場合は違う?

   

photo0000-2276

旅行に入ったり仕事の出張に行ったりする時などに飛行機を利用することってよくあると思います。

飛ぶ時はちょっと緊張したり怖かったりすることもありますが、一度飛んでしまうと飛行機から見える景色に目を奪われたりするから大好きだっていう人も多いのではないでしょうか?

ただ、どんなに好きな飛行機でも搭乗する前のチェックなどが面倒だったりしますよね。

不審者や危険物などを見つけて利用する人が安全に乗れるようにするためには必要なことかもしれませんがやっぱり面倒だなって思ってしまいます。

スポンサードリンク

飛行機に持ち込める手荷物の大きさってどれくらい?

手荷物の大きさは人によって大きく異なります。
どんなものを持って行くかは人によって違うので手荷物の大きさも変わってしまうのは仕方ありませんよね。

ですが、機内に持ち込める手荷物の大きさは決められてしまっているのでそれを超える場合は預けないといけなくなってしまいます。
airport-519020_640

■機内に持ち込める大きさ

【100席以上の場合】
幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内
3辺の合計が115cm以内となる物

【100席未満の場合】
幅45cm×高さ35cm×奥行20cm以内
3辺の合計が100cm以内となる物

これに加えて合計重量が10kg以内となる物が機内に持ち込めます。

ただ、これは航空会社によって異なるため詳しい大きさは航空会社のホームページから確認してみてください。

会社によっては合計重量がもっと重くても大丈夫だったりもっと軽くないとダメな場合もあります。

飛行機に持ち込める手荷物の個数はいくつまで?

荷物は全部預けないといけないというわけではありません。

いくつかは機内に持ち込むこともできるので、機内で使うような物、貴重品などはひとまとめにしておくと良いでしょう。

■機内に持ち込める手荷物の個数
手荷物を機内に持ち込む時は上で紹介した大きさの手荷物1つと身の回りの品1つまでとなっています。

中に何か入れてはいけないということではないので、バッグなどにひとまとめにしておいてください。

ただ、大きさも重さも上で紹介したものより大きくなってしまうと持ち込むことができないことがあるので、準備する時に利用する航空会社のホームページを見ておくといいですよ。

あらかじめきちんと準備しておけばスムーズに搭乗できるようになりますし面倒なことも減るのでおすすめですよ。

国内線で飛行機に手荷物として持ち込める液体って何?どれくらいまで?

飛行機の場合機内に持ち込める液体に関して厳しい制限があるようなイメージがあると思います。

ちょっとした物でも持ち込めないのでは?と不安に思うかもしれませんが、それは国際線の話で国内線の場合はそこまで厳しくなかったりするんですよ。

blue-200310_640

■持ち込める液体
・お茶などの飲料水
・アルコール
・化粧品
・医薬品
・香水

これらのものは機内への持ち込みが可能になっていますが、量が制限されている物もあるので注意してください。

【アルコール】
アルコール度数が24%以上、70%以下で一人5lまで待ちこみ可能です。

【化粧品・医薬品・香水】
1容器0.5l、または0.5kg以下のもので一人2lまで持ち込むことができます。

この基準を超えるようなものは持ち込むことも預けることもできないので気を付けてください。

また、引火点が摂氏60度を超えるような液体の接着剤であれば持ち込むことができますが、それ以外は持ち込みも預けることもできません。

この他にも混ぜるな危険と表記されている、または塩素系の漂白剤も持ち込みや預けることができないので持って行かないようにしてください。

スポンサードリンク

海外に行く時に飛行機に手荷物として持ち込める液体はどんなもの?

国内線だと意外と規制が厳しくないのでいろんなものを持ち込めますが、海外に行く時に利用する国際線の場合はかなり厳しくなってしまうので気を付けないといけません。

水分が含まれている物は全て液体として扱われているので持ち込む場合はどんなものが要注意なのか、どうすれば持ち込めるのかを確認してください。

■機内に手荷物として持ち込むには
機内に手荷物として持ち込みたいのであれば
・100ml以下の容器に入れ替える
・容量が1l以下のプラスチック袋にまとめて入れておく

袋は透明な色、そしてジッパー付きが好ましいですね。
入れ替えるのが面倒かもしれませんが、国際線の場合は厳しく規制されているのできちんと守るようにしましょう。

■持ち込む時に注意しないといけない液体
・歯磨き粉
・ヘアワックス
・漬物
・修正液

この他にもいろいろありますが、こういったものを持ち込む時は十分気を付けないといけません。

どうしても持ち込みたいもの以外は預けるようにするといいですよ。

歯磨き粉なども手荷物として持ち込む時は厳しいものがありますが、預ける場合は特に問題ないので機内で必要になるものではないのであればスーツケースに入れて預けるようにしてみてください。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報