知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

虫刺されの腫れや水ぶくれの治し方 処置方法は?治らないときは?

   

ka_kansensyou

夏になると虫に刺されることが多くなるので外出時は虫除けスプレーなどを使うようにした方がいいでしょう。

特に山林や川などの水のあるような場所には蚊やブヨなどの虫がたくさんいるので必ずつけてから行くようにした方が良いかと思います。

刺された直後に気が付ければすぐに対処できますが、家に帰ってきてから気が付いた場合は何に刺されたのか、どんな対処をしたらいいのかが分からなくなってしまいます。

刺された虫によって症状の出方などが違っていたりするので冷静に対応するようにしてください。

スポンサードリンク

虫刺されの腫れや痛みの症状は?

虫刺されに気が付いたけれど何に刺されたのか分からない場合は患部を良く確認するようにしてください。

【腫れや痛みが起こる虫刺され】
もし刺された場所が腫れていたり痛みがある、けれど痒くないというのであれば蚊やブヨといったものではない可能性があります。

蚊やブヨ、ダニなどの場合は腫れの他に痒みといった症状が現れます。

なのでかゆみが無い場合は
・蜂
・ムカデ
・毛虫
・毒蛾
・アブ
などの虫である可能性があります。

ただ、これらの虫刺されはどれも激痛を伴うため刺された時にすぐ気が付くかと思います。

自然の中に多くいる虫ですが、種類によっては家の中や庭にいることもあるので注意が必要です。

また、ムカデ、蜂にはアナフィラキシーショックというものがあるので刺された時はすぐに病院へ行ってください。

呼吸困難や意識がもうろうとする、頭痛、吐き気などの症状がある場合は救急車を要請するようにしてください。

ムカデや蜂の場合はアナフィラキシーショックにより死に至るケースがありますので、決して油断してはいけません。

他の虫刺されも激痛を伴ったり毒性の強い虫もいますので症状が酷い場合はもちろん、念のために病院へ行くようにすると早く治すことができます。

虫刺されの腫れや水ぶくれの治し方とは?

刺してきた虫によっては腫れだけではなく水ぶくれができることもあります。

放置していたりすると治るのが遅くなってしまうのできちんと治していくようにしましょう。

虫に刺された時に腫れることはよくあります。
腫れを抑えたいという時は刺された時にすぐ冷やすようにすると腫れを抑えることができます。

また、水ぶくれはそこまで頻繁にできませんが、アレルギー反応として水ぶくれが起こることがあるので、水ぶくれが出た時はアレルギー反応が出ていると考えても良いかと思います。

【腫れや水ぶくれにはかゆみ止めと冷やすことが大切】
腫れや水ぶくれといった症状が確認できた時はすぐに氷や保冷剤といったもので冷やしてください。

十分冷やすことができたらかゆみ止めを塗って放置します。

変に触ったり水ぶくれを潰してしまうとかゆみが強くなったり水ぶくれを潰したことによるとびひの危険性も出てきてしまいます。

大人ももちろんですが、子供の場合は気になってかいてしまったりすることがあるので注意深く様子を見るようにしてくださいね。

子供の場合は水ぶくれができてしまうことが意外とよくあるそうですので、気を付けてあげないといけません。

スポンサードリンク

虫刺されが治らないときはどうする?

tatemono_hospital2

虫刺されの時はすぐにかゆみ止めを塗っておけば大丈夫だったりしますよね。
後は余計なことはしないで治るのをじっと待つようにすれば自然と治ってしまいます。

ですが、人によってはちゃんとかゆみ止めを塗ったはずなのになかなか治らないことがあります。

腫れや痒みがかなり強く、市販のものでは効果が無いと感じたのであればすぐに皮膚科に行くようにしてください。

蚊は1日、2日程度でかゆみが治まったり腫れも引いてきますが、ブヨなどの虫に刺されると1週間程度腫れやかゆみが引かなかったりします。

症状の重さによっては症状が長引いてしまったり辛い思いをしてしまうことがあるので、なかなか治らない、腫れや痒みが酷いというような時はすぐに皮膚科に行って薬を処方してもらうようにしましょう。

虫刺されごときで病院へ行くなんて…、と思うかもしれません。
たかが虫刺され、されど虫刺されです!

甘く見ていると痛い目を見ることになりますので少しでもいつもと違うと思ったのであれば病院へ行ってくださいね。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報