知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

蚊のアレルギー症状とは?検査や薬で対策するの?効果的な対処法は?

   

mushi_ka

夏は楽しいイメージがありますがその一方、蚊などの厄介なものが出てくる季節でもあります。
あまり知らない人もいるかもしれませんが、蚊にもアレルギーがあったりするので注意しないといけません。

自分は関係ないと思っているかもしれませんがもしかしたら蚊アレルギーである可能性もあるので、どんな症状なのかなどをよく確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

蚊アレルギーってどんな症状が出るの?

蚊アレルギーには「蚊刺過敏症」という正式名称があります。

蚊にアレルギーなんてあるの?と思うかもしれませんが、蚊は刺す時に唾液を刺した相手に流します。

この唾液に含まれる成分によってかゆみや腫れといったものが引き起こされるのですが、蚊アレルギーの人はこの症状がかなり酷くなります。

mushi_sasare

【蚊アレルギーの主な症状】
・蚊に刺されの腫れがかなり酷い
・リンパが腫れる
・熱が出る

普通は蚊に刺されてもちょっと腫れて痒みが出るという程度ですが、アレルギーの場合は大きく腫れたりするなど、ほかの人よりも症状が重く現れてしまいます。

もし蚊に刺されただけなのに他の人よりも大きく腫れあがってしまっていたりするのであれば蚊アレルギーを疑ってみるといいかもしれませんよ。

蚊アレルギーか検査することはできる?

蚊にアレルギーがあるなんて知らなかった人が多くいると思うので、ちょっと腫れが酷くてもそのまま放置してしまっていたと思います。

でももしかしたらアレルギーの可能性があるかもしれないと思うのでしたら一度検査してもらうと良いかもしれません。

アレルギー検査をしてくれるところもありますが、まずは腫れや炎症の大きさなどを通常の虫刺されと比較してみたり問診などもするようですね。

必ずしもアレルギー検査をしてくれるとは限りませんので、疑いがあるのであれば検査をしてくれるかどうかをきちんと聞くようにしてみましょう。

蚊アレルギーの薬ってあるの?

蚊に刺された時は虫刺され用の塗り薬を塗るのが一番ですよね。

早めに塗っておけばそこまで痒みを感じたりすることが無くなりますが、蚊アレルギーの場合は市販薬を使うよりもきちんと病院へ行って薬を処方してもらった方がいいですよ。

そこまで酷くない場合はステロイド軟膏や抗ヒスタミン軟膏といったものが処方されます。

もし症状が酷い場合は内服薬である抗アレルギー薬が処方されるので、どの薬が処方されるかはその人の症状の重さによって変わります。

アレルギーがあっても薬があれば大丈夫と思っているかもしれませんが、だからといって何もしないでいると刺されるたびに辛い思いをしてしまいます。

ですので、なるべく刺されないようにするために普段から対策をしておくようにしてくださいね。

スポンサードリンク

蚊アレルギーを起こさないための対策方法は?

【蚊がたくさんいるような所に行く時は】
蚊アレルギーを起こさないようにしたいのであれば河川付近や森林などの蚊が多く発生するような場所に行くのであれば肌はなるべく露出しないようにしてください。

肌を露出しているとそれだけ蚊に刺されるリスクが高まります。
なのでその可能性を低くするためにも隠せるところはきちんと隠しておきましょう。

【虫よけなどを上手に使う】
肌を露出しなければ刺されない!ということではありませんよね。
服の中に侵入されてしまっては意味がありません。

ですので、蚊などが近づかないようにするために虫よけも上手に使っていくようにしましょう。

意味はないと思っているかもしれませんが、使うのと使わないのとでは意外と変わってきます。

なので、服の上からしっかりと使うようにしてみてくださいね。

まとめ

たかが虫刺されと思っているかもしれませんが、症状は通常の虫刺されよりもかなり酷いです。

油断しているとかなり辛い目に遭ってしまうのでもしかしたら自分が蚊アレルギーかな?と思ったのであれば症状をよく確認して必要であれば病院で検査してもらってください。

スポンサードリンク

 - 病気や体の悩み