知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

プール熱の症状や子供の出席停止で保育園はどうする?大人にうつる?

   

byouki

夏に注意したい病気はいろいろありますが、その代表とも言える病気と言えば「夏風邪」ですよね。
夏風邪は文字通り夏に引く風邪のことですが、その種類はいくつかあります。

夏だろうと何だろうと風邪は風邪だろうと思っているかもしれませんが、夏風邪の場合はウイルスの特徴も違いますし、症状などにも違いが現れることがあります。

例えば「プール熱」とも呼ばれている咽頭結膜熱です。
アデノウイルス感染症とも呼ばれていたりしますが、この病気は大人よりも子供の方がかかりやすいと言われています。

スポンサードリンク

こどもがプール熱にかかるとどんな症状が現れるの?

こどもがプール熱に感染すると現れる症状は
・39℃~40℃の高熱
・結膜炎
・のどの痛み
・頭痛
・下痢
・嘔吐
・食欲不振
といったものですね。

これらの症状がどの程度続くかは個人差によりますが、4日~5日間続くこともあります。
関連記事⇒プール熱は潜伏期間中に感染する?症状や感染力はいつまで?

冬などに引く風邪の場合は熱や咳、体のだるさ、寒気、頭痛などといったものかと思います。

ですが、夏の場合は嘔吐や下痢など消化器官に関する症状が現れることが多いので、普通の風よりも苦しい思いをすることがあります。

これはこどもだけではなく大人でも現れる症状ですので感染して辛い思いをしたくないと思っているのであれば普段から予防するようにしましょう。

また、熱も普段よりかなり高くなることが多いですし、一気に熱が上がることがあるので急に具合が悪くなることがあります。

プール熱に感染したら保育園などは出席停止になるの?

gakkou

プール熱とは言っても風邪なんだから普通に休めばいいと思っている人も多いでしょう。
しかし、プール熱は普通の風邪とは違って感染してしまうと保育園や幼稚園、学校が出席停止となるので注意してくださいね。

プール熱は学校感染症第2種に指定されている病気なので病院でプール熱だと診断された場合、学校へ届け出る必要があります。

プール熱には定められた出席停止期間というものがありますが、医師が登校や登園許可といったものが出るまでは安静にするようにしましょう。

出席停止期間は主な症状が消えてから2日経過後と言われています。
具体的に何日か書かれていないのはその子供によってどのくらい症状が続くかに違いがあるからかと思います。

また、症状が無くなったら念のためにもう一度病院へ行って登校・登園してもいいか聞くようにしてくださいね。

プール熱は非常に感染力の強い病気なので症状が治まってからもしばらくは注意する必要があります。

スポンサードリンク

プール熱は大人にもうつるの?

プール熱は子供が感染するものだと思っている人が多くいます。

確かに子供の方が多く感染していますが、だからといって大人は絶対に感染しないということではありませんので注意してください。

子供がプール熱に感染して看病をしている時に自分にも感染してしまうということだってありますし、出かけている時に周りの人から菌を貰ってしまい、そのまま感染するということもあります。

感染する夏風邪などによっては軽い咳が長引いてしまったり気管支炎や肺炎になってしまうこともあるので普段からしっかりと風邪予防などをしていかないといけません。

子供であろうと大人であろうと夏風邪の症状はとても辛いものですので、自分はもちろん家族にもそんな思いをさせたくないのでしたら手洗いうがいだけではなく、冷房の効いた部屋に長時間いたりするなど体を冷やすすぎないようにしてくださいね。

夏バテが原因になることもあるので夏に向けて対策を考えておくようにしましょう。

まとめ

プール熱は大勢の人が入るプールから感染することが多いのでこう呼ばれていますが、必ずしもプールからとは限らないので油断しないようにしてくださいね。

また、感染力の強い病気なのでたかが風邪だと侮らないようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 病気や体の悩み