知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

潮干狩りの持ち物は子連れだと何を準備する?履物やイスはどうする?

      2016/04/13

siohigari

潮干狩りのシーズンになると家族連れで楽しむ人も多いです。

初めて行くとなると何を持っていけばいいのか分からなくて、とりあえず最低限のものを用意したけど準備不足で楽しめなかった、ということもありえます。

子連れで潮干狩りに行くときは失敗しないよう準備はしっかりしておきたいものですね。
現地で困ることがないように持っていくと便利な持ち物を紹介していきます。

スポンサードリンク

潮干狩りの持ち物で子連れで行くとき必要なもの

潮干狩りで準備しておきたいものとして

熊手・軍手・バケツ・サンダル・クーラーボックス・水を入れたペットボトル・タオル
新聞紙・日焼け止めクリーム・バンドエイド・潮干狩り用の小さな網・大きめのゴミ袋

などがあります。ゴム手袋などもあったほうがいいですね。
貝を持って帰るときに海水も一緒に運べるように空のペットボトルも用意しておくと便利です。

小さな子供がいるときは日差しや紫外線の対策なども心配ですので長袖シャツに長ズボン、帽子はできれば日焼け防止のためのツバの広い帽子を選びましょう。

首の日焼けなどにも注意してタオルを首に巻いた方がいいです。それから着替えも忘れずに用意しましょう。

貝を掘るときのことを考えて始めから水着に着替えておけば服が濡れる心配をしなくていいですよ。またレインコート・合羽(カッパ)などは寒さ対策になります。

潮干狩りは暖かい中での作業と思われがちですが、濡れたところに浜風が吹いたりすると寒く感じることもあります。普段よりシャツを1枚多めに着ていくことをおすすめします。
水着の上にシャツを着せると濡れても平気ですね。

子連れで潮干狩りに行くときに一番心配なのが迷子です。人が多いので目を離した隙に子どもがどこに行ったのか分からなくなることがあります。

派手な色の帽子などを被らせたり、迷子ブザーなんかも利用するといいですね。小さな子供には迷子防止ハーネスやリードなどの迷子ひもがあれば安心です。

潮干狩りのとき子供の履物はどんなものがオススメ?

潮干狩りで気を付けたいのが足のケガです。ビーチサンダルや長靴は必ず用意しましょう。
ビーチサンダルだと意外と かがみづらかったり流されたりします。基本的に長靴を使用する人が多いです。

ただ、長靴は重たいし脱げやすいといったこともあるので、そんなときは靴下を2枚履いておくといいです。これだと貝などで怪我する心配もなく、かがんで貝を採るときに作業しやすいですよ。

サンダルを選ぶときは流されないためにピッタリサイズで、かかと付きのものが人気です。浜辺用のサンダルなども別に用意したほうがいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

潮干狩りの持ち物でイスがあると便利

潮干狩りをするときは姿勢に気を付けましょう。長時間、前かがみを続けると腰を痛めてしまいます。一息いれたいときなどに小さめのイスがあれば重宝しますよ。

500円以下で折り畳みの三脚チェアなどが売られていますが、100円ショップなどでも折り畳みイスはあります。お風呂用のイスでもいいですね。

イスの代わりになるものとしてクーラーボックスを椅子代わりに使ってる人もいます。これなら冷たい飲み物も入ります。

またバケツを椅子代わりに使う人もいます。採った貝はネットに入れておいて、帰るときにバケツに入れておけば汚れる心配もありません。

まとめ

潮干狩りは準備するものが意外と多いですね。家族で安心して楽しむためには、いろんなことを想定して用意しておきましょう。

お子さんが小さいと潮干狩りも飽きてしまうこともあるので泥遊びができるように砂場セットなどもいいかもしれません。

楽しい潮干狩りにするためには家族一人一人に合わせて持っていくものを工夫しましょう。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報