知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

プール熱 大人の症状はいつまで続く?仕事はどうする?人にうつる?

   

sick_netsu

プール熱は子供だけではなく大人も感染することがある病気です。

ただ、大人が感染したという話をあまり聞かないので罹ってしまったらどうしたらいいのか分からないことがたくさんありますよね。

ですので今回は大人がプール熱に罹った時のちょっとした疑問について調べてみました。

スポンサードリンク

プール熱に罹った時の大人症状っていつまで続くの?

まずは大人がプール熱に罹った時の症状の期間についてです。

子供が感染した時の様子を見ているとどの症状も辛そうなので見ているこっちまでつらくなってきたりします。

基本的に大人も子供も症状は同じと言われています。

三大主症状と言われている咽頭炎、結膜炎、発熱といったものが現れたりその他にも咳が出たり頭痛があったりすることもありますが、症状自体は3日~5日、長くても1週間以内には症状が治まることが多いようですね。

ただ、これには個人差があるので中には1週間経っても症状が治まらないこともあります。

また、症状自体は無くなったとしてもウイルスはまだ体に残っています。

もう症状は出ていないからと油断しないように、しっかり治るまで気をつけていくようにしてくださいね。

症状があるうちはもちろん、症状が治まっても2週間くらいはタオルの共有などはしないようにしたりした方が良いでしょう。

お風呂もなるべくであれば最初や途中ではなく、最後に入るようにして家族などに感染しないようにした方が感染拡大のリスクを避けられるようになります。

プール熱に罹って大人症状があらわれた!仕事に行っても問題ない?

home_gaisyutsu_man

プール熱に感染していくつかの症状が見られる時は念のために休むようにした方が良いかと思います。

ですが、子供と違って大人には出席停止のように出勤停止みたいなものがないので、例え症状があったとしても熱や喉の痛みなどはそこまでひどくない、熱も高くないというのであれば仕事に行っても特に問題はありません。

ただ、症状が重く現れた時は無理をせず、しっかり家で休むようにした方が長引かなくていいかと思います。

変に無理をして他の人に感染させてしまったりしても迷惑になるだけですからね。
それにプール熱は子供が感染した場合、出席停止になる程感染力の高い病気です。

感染力の高さは大人でも同じですので、大人なら大丈夫だと油断せずに感染した場合は感染を広げるようなことはしないで大人しく家でゆっくりしていた方が安心です。

スポンサードリンク

プール熱って他の大人にうつることはある?

プール熱は感染する病気ですので当然他の大人にうつることもあります。

とくに免疫力が低下している高齢者などは感染してしまうと重症化して呼吸障害を引き起こしたり二次感染などの恐れもあるので感染しないように十分注意していかなければなりません。

プール熱は子供よりも大人の方が症状は軽いとよく言われていたりしますが、それはその人によって大きく異なります。

確かに軽く済むこともありますが、場合によってはかなり症状がひどくなることもありますので必ず症状は軽く済むとは言い切れません。

また、大人で抵抗力のある人に感染したウイルスはそれだけ感染力も強いと言われていたりもするようですので、大人だからと言って甘く見たり軽く見たりしないようにしましょう。

自分が感染した場合は自分が感染源になってしまいます。

無理な行動をしたり油断して出勤したりするとどんどん周りの人が感染し、巻き込まれてしまう恐れもあります。

プール熱の感染力は高いということをしっかり覚えておいて治るまできちんと休むようにすれば被害も大きくならずに済むかもしれませんので、周りの人のためにもしっかり休んで感染の恐れを少しでも少なくしていくようにしてください。

と言っても完全に食い止めるということはできませんので深刻に考えすぎないように、とりあえず治るまではゆっくり休むようにすればいいかと思いますよ。

まとめ

プール熱は大人だろうと症状が重くなる人は重くなります。

免疫力が低下していると症状がひどくなることがあるのでそうならないようにするためにもおかしいと思ったらすぐに病院に行ったり、しばらく家でゆっくり休んで早く治るようにしていってくださいね。

スポンサードリンク

 - 病気や体の悩み