知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

猫がトイレの失敗を突然した原因は?高齢の猫が失敗するのはなぜ?

   

toraDSC00477_TP_V4

今まではちゃんと猫用のトイレでしてたのにある日突然トイレ以外の場所でおしっこをするようになった、ということは珍しいことではありません。

こんな経験は初めてだという場合は焦ってしまうかもしれませんが、こういう時こそ冷静になって何が原因なのかを探していくようにしましょう。

スポンサードリンク

突然猫がトイレに失敗するようになるのはよくあること?

しっかりトイレのしつけができていて今までちゃんとトイレでできていたのに突然トイレ以外の場所でするようになると驚いてしまいますよね。

自分の猫だけなのかと思ってしまったり病気を疑うこともあるでしょう。
確かにかなりの確率で起こる可能性があるというわけでもありませんし、病気の可能性も捨てきれません。

ですが、珍しいことではないのでまずは落ち着いて原因を探っていくようにしてください。

猫がトイレ以外の場所でおしっこをするようになる原因はいくつかあります。
その中の一つに去勢をしていない猫のスプレー行為があります。

もし去勢をしていないのであればこれが原因になっていたりするので子供を作る予定がないのであれば去勢手術をしてあげると良いでしょう。

ただ、中には去勢をしたのにスプレーをする猫もいます。
それについては「猫がトイレに失敗してしまう原因ってなに?」で詳しく説明していくので是非参考にしてみてください。

猫がトイレに失敗してしまう原因ってなに?

nuko-1_TP_V4

去勢をした猫がトイレに失敗してしまう原因はいろいろあります。

■しつけの仕方
トイレ以外の場所でおしっこをしているところ見るとつい怒鳴ったりきつく叱ったりしてしまうことがあると思います。

しかし、どんなに怒鳴ったり叱ったりしても猫に言葉は通じませんし怒られていることはわかっても何に対して怒られているのかが上手く伝わらないため、おしっこをしたこと自体に問題があると思われてしまうことがあります。

そうなるとトイレはもちろんトイレ以外の場所でもおしっこを我慢してしまうことがあるのでそれが原因で病気に繋がる可能性もあります。

ですので、見つけた時は叱らず静かに掃除をするだけにしてください。

■ストレス
当然ですが猫もストレスを感じることはあります。

複数の猫を飼っている場合はその猫と仲が悪かったりすることでストレスを感じることもあります。

それ以外にも家の外に野良猫がいてその猫に反応していることもありますし、飼い主が構ってくれないことがストレスに繋がっている可能性もあります。

外に出て遊びたいという欲求がストレスになっていることもありますね。
いろいろなことがストレスに繋がっているので当てはまることは無いかひとつひとつ確認してみてください。

もし原因が分かったらその原因を取り除いていくようにしましょう。

tom_catDSC08292_TP_V4

■環境の変化
引っ越しで済んでいる場所が変わったり部屋の模様替えをしたりして環境が変化することで起こることもあります。

住む家も模様替えもしていなくてもトイレの場所が変わったり使っている猫砂を変えたり、トイレが汚れたりしている時もトイレ以外の場所でするようになることがあります。

■老猫
猫の年齢が高くなり高齢猫と呼ばれるような年になるとだんだん運動能力が低下していくためトイレが間に合わなかったりトイレに上がれなくなったりします。

また、認知症が原因でトイレ以外の場所でするようになることもあります。

■泌尿器系の病気
トイレ以外の場所でする以外にも元気が無かったり血尿が出てたりする場合は病気が疑われます。

ぐったりしていることが多かったり点滴のようにポタポタと尿が出てきたり、血が混じっていることがあるのであれば動物病院に連れて行ってください。

トイレに失敗する原因はこれ以外にもいろいろありますので、前に比べて何か変わったことは無いかを探してみるようにしましょう。

スポンサードリンク

高齢猫がトイレに失敗するのはなんで?

これまで何年も普通にトイレで用を足してきた猫が突然トイレ以外の場所でするようになる原因の一つに高齢猫があります。

小さい頃から飼ってきてトイレのしつけもしっかりとできているし今まで何の問題も無かったのに、年を取ってからだんだんトイレとは別の場所でするようになったりすると不思議で仕方ありませんよね。

しかしこれにも理由があります。
■認知症
そこまで発症する確率はないようですがゼロではないので注意してみてください。

名前を呼んでも反応が薄かったりいろんなところをウロウロと意味もなく歩き回るようになったら要注意です。

■筋力の低下
筋力が低下してくるとトイレに上がるということが難しくなってきます。

上がるのが難しくなるとそのままトイレに行かなくなることもありますし、トイレの場所が遠いとその場所まで行けなくなってトイレ以外の場所でするようになることもあります。

■泌尿器系の病気
膀胱炎や尿結石、慢性腎不全などの病気が疑われることもあります。
これは高齢猫だけではなく若い猫にも起こる可能性のある病気ですので、高齢だから起こる、若ければ問題ないというわけではありません。

人間も年を取るとトイレに間に合わなかったり少し漏らしてしまうようなことが増えてきます。

これは猫にも言えることですので、場合によっては猫用のオムツを使うことも視野に入れておくといいかもしれません。

スポンサードリンク

 - ペット・動物