知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

赤ちゃんが冬に寝るときの室温は?暖房はどうする?

   

baby-165067_640

冬はかなり寒いので赤ちゃんが寒がったり風邪を引いてしまわないように十分注意しないといけません。

できるだけ快適に過ごせるようにするためにあれこれ考えるかと思いますが、普通に暖房を使っても良いものなのでしょうか?

少しでも赤ちゃんが快適に過ごせるようにするためにちょこっと調べてみました!

冬に赤ちゃんが寝るときはどうしたらいい?

冬の夜は昼に比べてさらに寒くなります。
寝る時に寒くなり過ぎないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

■パジャマ
パジャマはなるべく吸水性のあるものや保温性のある厚手のパジャマを選ぶようにします。

冬だろうと寝汗はかくものですので寝汗で風邪を引いたりしないようにしっかり水分を吸い取ってくれるようなものだと便利です。

無理にパジャマにする必要はありませんが、お風呂の後に着替えるというのは生活リズムを整えるためにも大切なことなので着替えはきちんとしていくようにしてみてください。

■布団
布団はタオルケット、綿毛布、掛布団を使って調節していきます。

寒い時は何枚か重ねたいと思う所ですが、掛布団を何枚も追加すると赤ちゃんが重たいと感じてしまいます。

息苦しくなったりしますしかけすぎると今度は暑くなって汗をたくさんかいてしまうようになるので、重いものではなくタオルケットなどの軽いものを使って調節していくようにしましょう。

寝ている時に赤ちゃんが布団をけったりしているのであれば暑いと感じていたりするので必要であれば取ってあげたりすると良いかと思います。

冬の赤ちゃんの部屋の室温は何度くらいが良い?

kids-room-275862_640

冬は寒いからといって暖かくし過ぎてしまうことがあります。

しかし、赤ちゃんは代謝が良いので暖かくし過ぎてしまうと今度はたくさん汗をかいてしまうようになるので、温め過ぎないように気を付けるようにしましょう。

赤ちゃんがいる部屋は室温を大体20度から23度程度に保つようにしてみてください。

ホットカーペットや床暖房といったものも便利ではあるのですが、赤ちゃんのいる部屋でそういったものを使うと低温やけどなどを起こすことがあります。

この他にも脱水症状を引き起こすこともあるので使う場合は長時間使うのを避けるようにしたり直に床に触れるというようなことが無いようにすると良いかもしれません。

【湿度にも気を付ける】
室温だけではなく湿度にも気を付けるようにしてみてください。

部屋の空気が乾燥したりしないように加湿器などを使って湿度が40%から60%程度になるように調節していくことも大切です。

空気が乾燥していると大人だけではなく赤ちゃんも脱水症状を引き起こす可能性があります。

なので、加湿だけではなく適度な水分補給も怠らないように注意してあげてくださいね。

冬に赤ちゃんのいる部屋で暖房を使っても大丈夫?

冬は寒いので暖房を使いたくなってきますが赤ちゃんがいると使っても大丈夫なのか心配になってくるかと思います。

ですが、室温や加湿と言ったことに気を付けていれば特に問題はないかと思いますよ。

ただ、寝る時につけっぱなしにするというのは避けた方が良いかと思います。

寒さが気になるという場合は寝る少し前に赤ちゃんの部屋の暖房を点けて部屋全体を暖めておきます。

十分温めることができたら暖房を切って赤ちゃんを布団の中に入れて寝かせてあげるようにしましょう。

温める時は布団をめくっておくようにすると寝る時に赤ちゃんが寒さを感じることがなくなるのでやってみてください。

親が寝ている間に何か問題が起こってしまっては大変ですので、なるべく寝ている時は暖房を使わないようにした方が良いかもしれません。

【変な過保護は赤ちゃんのためにならない】
寝ている時もぐっすり眠れるようにするためにあれこれしたくなる気持ちはよくわかります。

あまり不快な思いをさせたくないから必要以上に温めてしまうこともありますが、それは赤ちゃんのためになりませんし病気に繋がったりすることもあるので注意しないといけません。

赤ちゃんのうちは体温調節が上手くできないので温め過ぎてしまうと汗をかき過ぎて風邪を引いたりすることがあります。

赤ちゃんのためにやったことが赤ちゃんを苦しめることになる場合もあるのでただ温めるというだけではなく、その都度服を着せてあげたり布団の枚数を変えたりなど親の手でしっかりと手助けしてあげるようにしてみてください。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報, 病気や体の悩み