知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

失敗した年賀状の交換は郵便局でするの?手数料はかかる?

   

printer_woman

毎年欠かさず年賀状を出しているという人もまだまだたくさんいます。

手書きの人もいますが、今はパソコンで簡単に凝った物を作れるから便利ですよね。
ただ、どちらであったとしても時には失敗することがあります。

書き損じの年賀状は捨ててしまうことが多いと思いますが、そんな失敗した年賀状もまだ使い道があるんですよ。

今回はその使い道をちょこっとだけ紹介していきます。

スポンサードリンク

失敗した年賀状は交換できる?

失敗した年賀状は捨ててしまったりどこかに入れて取っておいてあるということもあるかと思います。

取っておいてあるなら問題ないですが、捨ててしまうのは勿体ないです!
何故なら、失敗した年賀状は他の物と交換することができるからです。

hagaki

■交換できるもの
・はがき
・通常切手
・郵便書簡
・特定封筒

こういったものと交換してもらうことができるので、必要なものがあるのであればこれを利用してみるといいでしょう。

また、年賀状が発売されている時に交換するのであれば、新しい年賀状とも交換してもらえるので費用を抑えながら新しい年賀状を手に入れることができます。

ただ、新しい年賀状に交換してもらう場合は書き損じた年賀状が今年のものでないといけません。

去年の年賀状を今年の年賀状と交換するということはできないので注意してくださいね。

失敗した年賀状は郵便局に持って行けばいい?

tatemono_yuubinkyoku

失敗した年賀状を交換することができるのは分かったけれどどこに持って行けばいいのか分からなければ意味がありません。

新しいはがきなどに交換してもらう場合はお近くの郵便局の窓口に持っていくようにしてみてください。

そうすれば上で紹介したものと交換することができるようになります。

■失敗した年賀状を郵便局へ持って行く時の注意点
交換は基本的に他の物との交換になるのですが、現金と交換することはできません。

現金と交換してもらいたい場合は郵便局ではなく金券ショップとかに持っていった方が良いかもしれませんね。

ただ、買い取ってもらえるかどうかはそのお店によって変わってくるかもしれないので、不安であれば問い合わせて確認してみてください。

【くじが当たっているかを確認してから!】
年賀状には当たりくじが付いていたりしますよね。

書き損じの場合は向こうだろうと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

書き損じであろうとくじが当たっているのであれば景品と交換してもらえます。

それから郵便局に持って行って交換してもらうこともできるのでしっかり確認してから持っていくようにするといいですよ。

スポンサードリンク

失敗した年賀状を交換する時って手数料はかかる?

郵便局ではがきなどと交換してもらう場合は手数料がかかります。
ただ、そこまで高い金額ではないので安心してください。

【手数料は1枚につき5円】
別の物と交換する場合、手数料は1枚につき5円となっています。
何十円、何百円と手数料がかかるわけではありません。

枚数が多いとその分手数料も多くなりますが、そこまで負担になる額ではないですし新しい年賀状と交換してもらう場合はかなり費用を抑えられるので便利です。

もしゆうパックを利用することがあるのであれば切手と交換しておくというのも良いかもしれません。

ゆうパックの料金は切手で支払うこともできます。
なので、利用することがあるのであれば切手との交換も良いでしょう。

ただ、コンビニからの場合は切手を利用することができないので注意してくださいね。

【喪中となった場合は無料になる】
年賀状を買ったのは良いものの、身内に不幸があり年賀状を出すことができなくなってしまった場合は手数料が無料になります。

ただし、無料になるのはお年玉付き郵便はがきなどが発売されてから販売が終了になる日までとされているので気を付けましょう。

また、喪中である場合はそのことを申告し、氏名や住所などを書く必要があります。

普通に交換する時より少しばかり面倒になりますが、期間内であれば無料になるので覚えておいても損にはならないかと思いますよ。

まとめ

今まで失敗した年賀状は捨てていたかと思いますが、実際は手数料さえ支払えば郵便局で交換することができます。

手数料の額もそこまで負担になるようなものではないので必要なものがあるのであれば交換してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報