知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

凧揚げの作り方で子供でも簡単にできる方法は?手作りキットやコツ

   

eto_uma_tako

お正月にはいろいろな遊びもあります。
凧揚げや羽根付き、福笑いなどといったものもがありますよね。

ダラダラと過ごすのも良いですが、子供がいるのでしたら昔ながらの遊び方を教えるというのもコミュニケーションになるのでおすすめですよ。

凧揚げは作るのが大変だと思っているかもしれませんが、家にあるもので簡単に作れるので子供と一緒に作ってみてください。

スポンサードリンク

凧揚げの作り方で子供でも簡単にできる方法ってあるの?

見た目で凧を自作するのは難しいと思っているかもしれません。

確かに本格的な凧を作るのは難しいかもしれませんが、簡単なものなら小さい子供でも作れるくらい簡単なので是非親子で挑戦してみてください。

【ビニールと紐で超簡単凧】
レジ袋と毛糸、セロハンテープを用意します。

毛糸をレジ袋の中心くらいに貼り付けたら完成です。
これだけだと味気ない場合は袋に絵をかいたりすると良いかと思いますよ。

【画用紙で作る凧】
画用紙を縦半分に折って広げます。

上から10cmの所にひとつ穴を開けてください。
穴の位置は折り目の上です。

表から糸を通し、裏で一度結び目を作ってからセロハンテープで止めたら完成です。

お好みで紙を細く切ったものを2枚用意して左下、右下にそれぞれ1枚ずつ貼り付けるのもいいですね。

画用紙には好きな絵を描いてもらえば世界に一つだけの凧の完成です。

すぐに作り方を覚えることができますし、あっという間に作れるからこれなら凧を手作りすることができるのではないでしょうか?

凧揚げ手作りキットってあるの?

少しばかりお金はかかってしまいますが、凧揚げの手作りキットが売られているのでそれを使うのもいいと思いますよ。

手作りキットにはあらかじめ使うものが用意されていますし、作り方もきちんと書かれているからそこまで難しくはありません。

商品によっては子供が自由に絵を描けるようになっています。

普通は大きな凧がひとつだと思いますが、連凧になるような商品もありますし鳥のような形をした物、ちょっとの風で簡単に揚がる凧なども売られています。

形や色もかなり豊富にありますし、どれも手ごろな値段で購入できるから手が出しやすいと思います。

最近の凧はかなり変わった物がたくさんあるので子供だけではなく大人も夢中になって遊べます。

もしかしたら子供よりも親の方が楽しんでしまうかもしれませんよ?

スポンサードリンク

凧揚げのコツを教えて!

凧は風のある時にやればいいと思っているかもしれませんが、実際にやってみると上手く風に乗ってくれなかったりして難しかったりします。

上手に高く揚げるにはどうしたらいいのでしょうか?

【少し風のある日にやる】
無風の時にやっても凧は揚がってくれません。

かといって強すぎると凧が暴れるし何より寒いので風邪を引いてしまいます。
なので、少し風のある晴れた日にやるといいですよ。

子供にやらせる場合でもお手伝いとして親が一人手伝ってあげるようにしてください。

子供だけだと上手く揚げられなかったりしますし、上手にできないとすぐに諦めてしまいますからね。

takoage

【凧揚げのコツ】
凧を上げる時はまず親が凧を水平になるように持ち上げます。
位置は風下がおすすめです。

子供には糸を持ってもらい5mくらい離れます。

少し風が出てきたら2人で一緒に走り、タイミングを見計らって凧を少し上に押し上げるような感じで放します。

放す時は声をかけるようにしてください。
タイミングが合うと凧が高く上がるようになります。

一度で上手に揚がるというわけではないので何度か挑戦してみると良いでしょう。

糸は少しずつ伸ばしていって凧が安定するまではしばらく走り続けます。
高く上がっていったら適度に糸を引いたりして調節させるようにしてください。

糸はたるんでいると落ちやすくなります。
なので、できるだけピンと張った状態を維持できるようにするのがポイントですよ。

なかなか高く上がらない場合は走る速さだったり距離などを調節しながら試すと良いかもしれません。

何度もチャレンジしているとだんだん感覚やコツを掴めるようになります。

全力でやってしまうとすぐに疲れてしまうので頑張り過ぎないようにしたり時々休憩したりしてみてください。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣