知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

クーラーの臭い対策と原因は?掃除で臭い消しができる方法とは?

   

eakon_hokori

夏になると多くの家でお世話になるのがクーラーです。
扇風機だけでも涼しいですが、猛暑日などはクーラーが無いと生活できなかったりしますよね。

一部屋だけでも涼しい場所があるとかなり快適に過ごせるしその場所から動きたくなくなってしまったりしますが、ちょっと悩みどころもあります。

例えばクーラーの臭いです。
きちんと掃除しながら使っているのであればそこまで気にならないかと思いますが、長年使っているとどうしても臭いが出てきてしまうことがあります。

ちゃんと掃除しているつもりなのにどうして臭いが出てしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

クーラーの臭い対策の方法って何かあるの?

特別変な使い方をしているわけでもないのに臭いが出てしまうと故障しているのか?と疑ってしまったりすることがありますよね。

なるべく臭いが出ないようにしたいのであれば臭いが出ていないうちからきちんと対策を考えて実践していくようにしましょう。

【送風機能を上手く使おう】
クーラーの臭い対策として送風機能を使うのは有効な方法です。
送風機能というのは部屋の中の空気を循環させる機能のことです。

ただそれだけか?と思うかもしれませんが、この機能を使うとエアコン内に溜まっている湿気を外に排出することもできるんです。

カビの原因である湿気を取り除くことができれば臭いも出にくくなりますし、カビが生えてしまっていてもそれなりの効果を期待できるのでやってみるといいでしょう。

送風機能は冷房を使わなくなるような時期に使ってみると効果的ですよ。
大体30分程度使用すれば十分ですので習慣づけるようにしてみてくださいね。

クーラーの臭いの原因って一体なんなの?

普通に使っているだけなのにある日電源を入れたら変な臭いがするようになったという人も多いと思います。

今まではそこまで気にならなかったのにどうして?と思うかもしれませんが、それは長年使い続けたことによる結果なんですよ。

臭いの原因は吸い込んだ汚れと水

エアコンは室内の空気を吸って冷たい、または温かい空気を吹き出します。

こうして部屋の中を快適な状態にしていくのですが、部屋の中の空気を吸うとどうしてもそこに含まれているホコリなども一緒に吸い込んでしまいます。

ホコリ以外にも汚れの素となるようなものも吸い込んでしまいます。
また、エアコンを使っているとエアコンの内部に水が溜まっていきます。

ホコリなどの汚れと水が合わさり、しばらく放置されると不快な臭いが出てしまうのです。
さらに、水が溜まっているとそこからカビが生えてしまうようになります。

エアコンの吹き出し口内部などにも水が発生したりするのですが、これをずっと放置したまま使い続けるとカビが生えて部屋の中全体がカビ臭くなってしまうのです。

つまり!臭いの原因は汚れと水ということですね。
これをどうにかできれば気になる嫌な臭いを改善することができます。

スポンサードリンク

クーラーを綺麗に掃除して臭いを消し去ろう

eakon_souji

エアコンは使っていると徐々にホコリなどの汚れがフィルターについてしまいます。

その状態を放置しているとカビが生えたりいて臭いの原因になることが多いのですが、カビが生える前に掃除してしまえばあの嫌な臭いからおさらばできますよ。

掃除をする時は必ずコンセントを抜くことを忘れないようにしてください。

フィルターを取る前に掃除機でホコリを吸い取る

フィルターの掃除をする時はすぐにエアコンから取り外してしまいがちですが、まずは掃除機を使って簡単にホコリを吸い取っていきます。

軽く吸い取ったらフィルターを取り外し水洗いしていきましょう。
水洗いをする時は内側からシャワーで流すようにするといいですよ。
後はよく乾かして同じように取り付ければ完了です。

クーラーを使う時はすぐに窓を閉めたりするのではなく、運転開始10分程度は窓を開けた状態にしてください。

そうしないと部屋中にカビが充満してしまうのでちょっと面倒かもしれませんが窓を開けて喚起するようにしましょう。

まとめ

カビが生えている状態を放置したりそのまま使い続けていると健康にも良くありません。

ずっと部屋の中にカビがいる状態を想像してみると気持ち悪いですよね。

なので、ホコリが溜まってきたら定期的に掃除をして綺麗な状態をできるだけ長く保てるようにしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報