知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

おせち料理の意味や由来は?おせちの詰め方のコツとは?

   

C789_ebitoosechiryouri_TP_V

お正月は食べるものがたくさんあります。
定番はお餅、そしておせち料理ですよね。

どちらもお正月には欠かせない食べ物ですが、その中でもおせち料理にはいろいろな意味が込められていたりします。

最近ではあまり食べないという人もいるようですが、縁起の良い食べ物がたくさん入っていますしお正月でしか食べられないものなので是非食べてみてください。

スポンサードリンク

おせち料理に込められた意味とは?

最近では自宅で作るだけではなくいろいろなおせち料理がお店で販売されるようになりました。

昔のおせち料理とは全く違うイメージの商品もあったりしますが、おせち料理に使われている食べ物にはいろいろな意味が込められているのでどんな意味があるのか見ていきましょう。

【数の子】
ニシンの卵のことなのですが、数の子はたくさんの卵が集まっていることから子宝や子孫繁栄を願う縁起物とされています。

【黒豆】
道教では黒色を魔除けの色としています。

この他にもまめに働き、まめに暮らすという意味も込められているため、邪気を払う意味があったり無病息災を願って食べます。

【伊達巻】
伊達巻の形を見てみると巻物に似ていたりしますよね。

ここから学問や習い事、そして文化の発展といった願いが込められています。

【ちょろぎ】
赤いひょうたんのような形をした小さな食べ物のことです。

ちょろぎには「長老木」「千代老木」などのめでたい漢字が当てられており、長寿を願う意味が込められた食べ物です。

【ぶり】
ぶりは成長と共にその名を変えていきます。
出世魚とも呼ばれていますね。

なので、ぶりのように出世ができるようにという願いが込められているのです。

【海老】
海老のように腰が曲がるまで長生きできるようにという意味が込められています。

また、エビの朱色はとても鮮やかで見た目も華やかになりますし、魔除けの色とも言われているそうです。

この他にもいろいろな食材にいろいろな願いや意味が込められているので、食べる時はそのことを考えながら食べてみるといいかもしれません。

food_osechi_kazunoko

おせち料理の由来ってどんなものなの?

おせち料理の起源は何と弥生時代と言われています。

弥生時代の人々は季節ごとに作物の収穫を神様に感謝していました。
また、生活の節目をつけていたのです。

このように作物の収穫に感謝し神様に供えたものを「節供」といい、供えたものを使って料理を作り、自然の恵みに感謝したものを「節供料理」と言います。

これが現在のおせち料理の始まりとなりました。

その後、中国から節句の行事が伝わってきます。

ここから宮中では五節句や元旦といった宮中行事の際に「節会(せちえ)」と呼ばれる宴会のようなものが行われるようになりました。

この時に作られる料理のことを「御節供(おせちく)」と呼び、だんだんと略されるようになり、現在の「おせち」という呼び方になったのです。

宮中行事だったものが江戸時代になると庶民の生活にも取り入れられるようになり、現在まで続けられています。

弥生時代からその基になるものがあったと聞くと凄すぎて何が何だか分からなくなってきますよね。

とても歴史の長い料理でもあるので、作るのがちょっと面倒かもしれませんがこの機会に挑戦してみるといいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

おせちの詰め方のコツってある?

おせちの料理を作ったのは良いけれど綺麗に詰めることができなかったりすることってよくありますよね。

見栄えが良くないと満足できなかったりしますが、コツを覚えておくと綺麗に詰められるようになるかと思います。

【市松】
一の重におすすめの詰め方です。
まず重箱を九つの正方形に分けます。

中心の部分には黒豆を入れてその周りに全体的な色のバランスを考えながら詰めていきます。

【隅切り】
大きなひし形を一つ作って周りに複数の料理を詰め、中央の広いスペースに一品盛り付けていきます。

【手綱】
斜めに均等に分けていき、中央に色鮮やかな食材を盛り付けたり色の似ている食べ物は距離を離して盛り付けるようにしていきます。

他にも扇子のように曲線を描くような詰め方をする「扇子型詰め」や「枡形詰め」などがあります。

慣れるまでそこまで難しい詰め方だったりややこしい感じの詰め方はしない方が良いかもしれませんが、大体の形を覚えておけば綺麗に盛り付けられるようになりますよ。

また、詰める時は手前から詰めていくのではなく奥から詰めていくようにすると楽です。

ある程度のセンスも問われますがまずは慣れることに専念してみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 料理・食べ物