知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

茨城県フラワーパークのイルミのバレンタイン仕様とは?駐車場は?

   

C778_aoiill_TP_V

茨城県フラワーパークイルミネーションは2015年に始まったばかりのイベントです。

始まったばかりのイルミネーションイベントではありますが、実際に見てみるとかなり綺麗でテーマに沿ったイルミネーション、そして物語を楽しむことができました。

見どころもたくさんありますし、バレンタインの時期にはそれに合わせて仕様も変わっていたんですよ!

スポンサードリンク

茨城県フラワーパークのイルミネーションバレンタイン仕様とは?

茨城県フラワーパークのイルミネーションは通常とは別にバレンタイン仕様というものもありました。

他の日とは少しだけ変わっていたので実際に見に行った人はその違いに気付いた人も多いのではないでしょうか?

【バレンタインの時には天使のオブジェが登場】
通常はグリム童話の「白雪と紅ばら」をモチーフにしたイルミネーションや物語を楽しめるようになっています。

ですが、バレンタインの時期になるとこれらのイルミネーションの他に天使のオブジェが登場したり電飾の数も約50万球に増えたんだそうですよ。

一度見に行ったことがある場合はそれで満足してしまうかもしれませんが、前に見たイルミネーションと変わっている所があるのであればもう一度見に行った方がさらに楽しめます。

家族や友人だけではなく恋人と一緒に見に行ったりするとさらに良い雰囲気になれるかと思います。

2016年もこういった仕様の変更があることを期待しながらイベントの開催を待ちましょう。

yuka160113344437_TP_V

茨城県フラワーパークイルミネーションの見どころってどんな所?

2016年も茨城県フラワーパークのイルミネーションイベントが開催されます。

【開催期間】
2016年12月1(木)~2017年1月31日(火)まで

【夜間開園時間】
午後5時~午後9時

【入園料】
大人:500円
小人:250円

2016年のイルミネーションは「バラの妖精によって作られる光の世界」だそうです。

2015年のテーマは「白雪と紅ばら」で、ただイルミネーションを楽しむだけではなくものが他の世界に入り込んだような演出がありました。

コースを順番に回っていくと物語を読むことができたり、その場面を再現したイルミネーションがありました。

幻想的なイルミネーションに囲まれながら物語を追っていくと本当にその世界に入り込んだかのような感覚に陥ります。

他にもアーチに鐘が取り付けられていて本当に鳴らすことができたりしました。

イルミネーションの詳細はまだ出ていませんがバラの妖精たちが登場するようです。

2016年も2015年と同様その世界に引きずり込まれるようなものになるのではないでしょうか。

昼間の雰囲気とは全く違う雰囲気やその世界観に期待しながら楽しみにしていてくださいね。

スポンサードリンク

茨城県フラワーパークの駐車場は?無料の所はある?

無料駐車場は1500台あるので大分余裕があると思います。

車で行こうと思っているのであれば以下のアクセス方法を参考にしてみてください。

①常磐自動車道千代田石岡ICまたは石岡小美玉スマートICから約20分

②常磐自動車道土浦北ICから約15分

③北関東自動車道笠間西ICから約25分

混雑状況によって時間には差が出てきてしまうのであくまでも目安程度に覚えておいてください。

駐車場の数が少ないと停める場所を探すのにも苦労してしまうかと思いますが、1500台程度停められるのであればスムーズに駐車できるはずです。

できるだけ近い場所に駐車したいのであれば早めに来ておいた方が安心ですが、こだわらないのでしたらゆっくりきても問題ないかと思いますよ。

まとめ

茨城県フラワーパークは昼間に行っても十分楽しむことができます。

いろいろな数のバラやダリア、ツツジ、桜などが植えられているので夜だけではなく昼間から見に行くのもおすすめです。

咲いている花は時期によって変わってしまうので、見てみたい花があるのであれば咲いている時期を予め調べてから見に行くようにしてみてくださいね。

昼間は園内に咲き誇る花を存分に楽しみ、夜はこの時間帯でしか楽しめない光の世界を楽しむというのも二つの顔を見ることができるのでいいかと思います。

まだまだ始まったばかりのイルミネーションイベントですが、他のイルミネーションイベントに負けないくらい綺麗で幻想的な雰囲気になっていますよ。

スポンサードリンク

 - イベント・お祭り