知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

年賀状が元旦に届くには配達の期限いつまで?遅れたときは?

   

syougatsu_fujisan

年賀状を書くのであれば元旦に届くようにしたいものですよね。

ですが、普通のはがきと同じように扱っていると元旦には届かなくなってしまうこともあります。

できるだけ元旦に届けたいと思っているのであればこれから紹介することに気を付けてみてくださいね。

方法によってはギリギリになっても大丈夫だったりします。

スポンサードリンク

元旦に届くには年賀状をいつ出せばいい?

年賀状は元旦ギリギリになってしまっても問題ないだろうと思っているかもしれませんが、あまり遅いと元旦には届かなくなってしまいます。

【年賀状は12月25日まで】
郵便局の公式サイトを見てみると年賀状を元旦に届けたい場合は12月25日までに投函してほしいと書かれています。

それ以降は絶対に届かないというわけではないのですが、できるだけ多くの年賀状を元旦に届けるためにこのくらいの期間までに投函することをお願いしています。

まだ余裕があるのでしたら早めに書いて期限に間に合わせるようにしてみてくださいね。

ただ、25日までに投函すれば確実に届くというわけではありませんし、25日を過ぎてしまってもある程度猶予があったりします。

どうしても間に合わないという場合は、最終手段などもあるので是非活用してみてください。

その方法は↓で紹介します。

post_tegami_toukan

年賀状を元旦に配達してもらう期限はいつまで?

年賀状を元旦に配達してもらいたいのであれば上でも紹介したように12月25日までに投函した方が良いでしょう。

ですが、場合によってはこの期限よりも遅くなってしまうこともあるかと思います。

そういう場合はどうしたらいいのでしょうか?

【25日を過ぎてしまう場合は28日くらいまでに】
どう頑張っても25日を過ぎてしまうという場合は28日を目安にしてください。

具体的に言うと、
■同一都道府県内へ年賀状を届けたい場合
→12月28日午前中集荷分まで

■隣接都道府県へ年賀状を届けたい場合
→12月27日夕方集荷分まで

自分が住んでいる都道府県ではない場合は少しだけ早めに投函しておいた方が安心できます。

郵便局の公式サイトには26日以降28日までに出された年賀状もできる限り元旦に届けられるようにすると書いてあります。

どうしても遅くなってしまうという場合はこのくらいまでに投函できるように頑張って書くようにしてみてください。

住んでいる場所の近隣地区に年賀状を届けたい場合はさらに遅くなってしまっても届けてくれることがあります。

公式サイトには28日と書かれていますが、近隣地区の場合は29日~30日に投函しても元旦に届いたというケースもあるようです。

ただ、絶対にとは言えませんし、状況によっては届かないこともあるのでできるだけ25日に間に合わせるようにしてください。

頑張ってもこの日までに出せない場合は28日くらいまでに出せるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

年賀状がギリギリまで遅れたときはどうすれば元旦に届けることができる?

post_yuubinkyokuin

書こう書こうと思っていてもついつい後回しになってしまうのが年賀状です。

気が付いた時には期限ギリギリだったり遅れてしまう、なんてこともあるんじゃないでしょうか?

元旦ギリギリになってしまうかもしれない、という時は最終手段を試してみるといいですよ。

■年賀状を出すのがかなり遅くなる時は?
年賀状がかなり遅くなってしまう時は最終手段として速達を利用する方法があります。

元旦ギリギリになってしまうような時は郵便ポストに投函するのではなく、郵便局に直接年賀状を持っていってみてください。

28日以降31日夕方までに郵便局の窓口に持って行き、速達を依頼すると元旦に届けてくれるようになります。

これは最後の手段です。

ギリギリになってしまったけれどどうしても元旦に届けたいという場合はこの方法を活用してみましょう。

ただ、時間に余裕があるのであれば期限までにきちんと投函するようにしてくださいね。

まとめ

通常は25日までですが、この期限を過ぎてしまったとしても元旦に届ける方法はあります。

どう頑張っても遅くなってしまうという時はこの方法を利用してみてください。

しかし、どの方法も確実に元旦に届ける方法ではないので、もしかしたら届けられないこともあるということを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣