知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

余った年賀はがきは普通に使える?未使用の交換手数料や交換時期は?

   

hagaki

毎年年賀状を送るために年賀はがきを買っている人は多くいます。

大体の人数を想像したり予想外の人から来た場合に備えて多めに買うということもあるのではないでしょうか。

全部使い切れば問題ないですが、余ってしまうこともよくありますよね。

もし年賀はがきが余ってしまったらどうしたらいいか知っていますか?

スポンサードリンク

余った年賀はがきって普通に使える?

【年賀の部分を消せば普通に使える】
年賀はがきの場合は「年賀」と印刷されています。

無いとは思いますが、時期によっては来年のお正月に届いてしまうこともあるので「年賀」の部分は二重線で消しておくと良いでしょう。

こうするだけで後は普通のはがきとして利用することができるようになります。

懸賞用のはがきとして使う人も多くいますが、普通に誰かに宛てたはがきとしても使うことができます。

そこまで気にしないのであれば使ってしまっても何の問題もありませんよ。

ただ、お礼状などを送る時などに使うのはちょっと考え物なので、そういう場合はきちんとはがきを買ってくるようにしてください。

場合によっては相応しくないというだけであとは普通にはがきとして使うことができるので、気にならないのであれば是非活用してみてくださいね。

【増税前の年賀はがきも使える】
年賀はがきに有効期限はありません。

なので数年前のはがきも普通に使うことができます。
ただ、増税前の年賀はがきを使う場合は差額の2円分の切手を額面の下に貼り付ける必要があります。

2円切手は郵便局で買えます。
少し面倒かもしれませんが、使うのであれば2円切手を用意しておくようにしましょう。

未使用の年賀はがきを交換する時の手数料はいくら?

money_5

年賀の部分を二重線で消せば普通に使えるというのが分かっても何となく気になってしまうのであれば、普通のはがきと交換することもできます。

ただ、場合によっては手数料がかかってしまうので注意してくださいね。

■他の種類の年賀はがきと交換する場合
未使用で本年度の発売期間内であれば手数料は無料で他の種類の年賀はがきと交換できます。

ただし、広告付きのものだったり四面連刷は対象外となっているので気を付けてください。

■はがき・切手に交換する場合
1枚につき5円の手数料がかかってしまいますが、通常はがきや切手などと交換することができます。

郵便書簡やエスパックといったものとも交換することができるので必要であれば利用してみてください。

【近親者の不幸の場合は無料で交換できる】
近親者による不幸があった場合、服喪であることを申し出れば無料で交換してもらえます。

期限は年賀はがきの発売日~その年の12月28日までとなっているのでよく覚えておきましょう。

数が多いと手数料がその分多くかかってしまいますが、そこまで多くないのであればあまり負担にならないと思うので是非活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

年賀はがきの交換期間っていつまでか決まってる?

■通常はがきと交換する場合
通常はがきと交換する場合は特に交換期間は決まっていないのでいつでも交換できます。

書き損じたはがきももちろん交換できるのでいつまでも残しておくならはがきに交換したい、という時は利用してみてください。

■他の種類の年賀状と交換する場合
別の年賀状と交換する場合は年賀状の販売期間内に行かないと交換できません。

【交換できるもの】
・通常切手
・郵便はがき
・郵便書留
・特定封筒

郵便はがきと交換する時は過去の年賀状でも可能となっています。

手数料はかかってしまいますが、使わずに残しておくよりマシなのであれば郵便はがきに交換しておいた方が使い道はあると思いますよ。

身内の不幸だったり他の年賀状に交換したいという時は販売期間内に交換する必要がありますが、それ以外であれば特に交換期間は設けられていないので必要になった時、思い出した時などに活用してください。

まとめ

特に気にならないのであれば年賀状も普通のはがきとして使えるというのはありがたいですね。

ただ、「年賀」の部分を消さないと年賀状扱いになってしまうことがあるので、間違われてほしくない場合はきちんと二重線で消しておくようにした方が良いでしょう。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣