知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

忘年会の余興でおすすめ!新人でも簡単に盛り上がるものとは?

   

MAX85_kanpaibeer20141220175304_TP_V

1年の締めくくりに行われる宴会といえば忘年会です!

会社の人たちが大勢集まり、仕事のことを忘れてみんなで大盛り上がりするのでこの時を待ちわびているという人も多いのではないでしょうか?

ただ飲み食いするのもいいですが、余興をするのであればみんなで楽しめるような余興を考えてみましょう。

スポンサードリンク

忘年会におすすめの余興ってどんなもの?

【今年流行ったネタやキャラ】
忘年会で受ける余興をしたいと思っているのでしたら今年流行ったネタやキャラをやるのは鉄板ですね!

今年1年を振り返ってどんなネタが流行っていたのか、どんなキャラクターが人気だったのかを思い出してみましょう。

その中から自分ができそうなものを見つけて物まねしてみるというのも盛り上がりますよ。

コスプレなどをして全力で真似をしたり少し滑っていたりすると受けもよくなります。

【その年の流行に関係なく盛り上がる余興】
その年の流行りに関係なく盛り上がるような余興をしたいのでしたら、バルーンアートやエアバンドなどもおすすめです。

長細い風船を使って犬や花などの形を作っていくバルーンアートであれば女性でも簡単に作ることができます。

練習は必要ですが、覚えてしまえば手際よく作れるようになりますよ。

覚えておけば余興だけではなく誕生日だったりクリスマスパーティの時などにも使えたりするので実用性もあります!

この他、複数人で行うエアバンドも楽しいですね。

エアギターも以前から人気が高いですが、最近ではギターだけではなくドラム、ベース、キーボード等々全てをエアで行います。

せっかくやるのであれば恥じらいは捨てて全力で演奏しているふりをしてみましょう。

新人にもぴったりの忘年会での余興ってどんなネタ?

新人にとっての最大の難関とも言えるのが宴会の余興です。

幹事だけではなく余興もあったりといろいろ大変ですが、せっかくの忘年会ですので全力で楽しんみてください。

一人でやるのは厳しい、ちょっと恥ずかしいのであれば何人かでやってみるといいですよ。

定番は人気アイドルの曲ですね。
AKBなどのように特徴的な衣装があるのであればお揃いで来て、人気の高い曲を振り付きで歌います。

男性であればゴールデンボンバーの曲などもおすすめです。

ゴールデンボンバーの場合は彼ら自身がボーカル以外エア演奏ですし、ライブの時にはいろいろなパフォーマンスで客を楽しませてくれます。

勉強になるものもたくさんあるのでお手本としてライブ映像などを見てみるといいかもしれませんね。

【会社の面白話を集める】
時事ネタなどに頼りたくないのであれば、会社の人から集めたいろいろな面白話を紹介していくというのも面白いです。

トップ5かトップ10くらいにして今年起きた面白ニュースを紹介します。
この時スライドショーなどを使ったりするとさらに盛り上がるかもしれません。

普段関わり合いが無い人の面白話などを聞けたりするのでこの機会に交流を深めることができるかもしれません。

時事ネタなどはネタによっては恥ずかしくてできないものもあったりしますよね。

自分には無理だという時は面白話を集めたり、景品をかけたビンゴ大会をするのも良いと思うので自分に合った余興を用意してみてください。

スポンサードリンク

忘年会余興で簡単に盛り上がるネタってある?

忘年会ではたくさんの人がお酒を飲んでいるためちょっとしたことでも盛り上がったりします。

なので、勢いに任せたネタでも面白がってくれたりしますよ。
ただ、それだけではつまらないというのであればもう一工夫してみましょう。

【障害物競走】
素面の人でも酔っぱらっている人でも楽しめるのが障害物競走です。

お店の中を全力で走るのではなく、床にカバンや瓶などの障害物を置いて参加者に一度その状態を見せます。

今度は参加者を少し遠ざけて目隠しをし、その隙に障害物を片付けます。
この状態でスタートからゴールまで歩かせるというゲームです。

実際には既に片付けられているのに参加している人は障害物があると思い込んでいるため面白い動きを見せてくれますよ。

【誰の手ゲーム】
両側の側面に穴を開けた段ボールを用意します。

何チームかに分かれて目隠しをした人がそれぞれの穴から手を入れ、その手が誰の手かを当てるゲームです。

とってもシンプルですが、手掛かりは手だけなのでなかなか難しいゲームです。
勝った方には景品をプレゼントするとさらに盛り上がると思いますよ。

忘年会で使える余興はかなりたくさんあります。
自分たちだけでは思いつかないというのであればネットからいろいろなネタを集めてできそうなものを試してみてください。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣