知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

除夜の鐘が108の意味や何時からどこでつく?つけるお寺は?

   

joyanokane_yuki

大晦日になると除夜の鐘を鳴らしますよね。

毎年大みそかの深夜から元旦にかけて108回鐘をつくというのは多くの人が知っているかと思います。

毎年のことだからあまり気にしていないかもしれませんが、そもそもなぜ108回も鐘をつくのでしょうか?

また、これは一般の人でもつくことはできるのでしょうか?

スポンサードリンク

除夜の鐘を108回もつく意味って?

除夜の鐘は108回つくのが当たり前になっていますよね。
今まではあまり気にしてなかったけれど改めて考えてみると不思議です。

【108は煩悩の数】
聞いたことがあるかもしれませんが108は煩悩の数と言われています。

ちょっとややこしくて難しい話になりますが、人間の欲望というのは「身、目、鼻、耳、舌、意」の感覚器官からもたらされています。

それぞれの器官には「平、好、悪」そして「浄、染」という状態があります。

分かりやすく言うと「普通、好き、嫌い」と「浄、不浄」という感じ方の違いですね。

これに過去と現在、そして未来が加わると全部で108になるのです。

6×3=18、18×2=36、36×3=108ということです。

ちょっと訳が分からないと思うかもしれませんが、人はたくさんの欲を持っているということです。

大晦日から元旦にかけて108回鳴らすのは旧年の煩悩を捨て去り、新年は煩悩に煩わされずにいい年が送れるようにしようという願いが込められているんです。

除夜の鐘は何時からどこでついているの?

kaichu_dokei

毎年気が付くと鐘の音が聞こえてきて何時からつき始めるのかよくわからなかったりしますよね。

できれば一度生で見に行きたいと思っているけれど何時からどこに行けば見らえるのでしょうか?

【除夜の鐘をつく時間】
除夜の鐘をつき始める時間帯は場所によっても変わってきますが、早い所だと午後10時30分~40分頃につき始めます。

遅い所だと午後11時30分頃ですね。
旧年に107回鐘をつき、新年となった深夜0時過ぎに108回目をつくというのが一般的です。

【除夜の鐘をついている場所】
除夜の鐘はお寺でついています。

当然と言えば当然ですが、中には梵鐘がない所もあるのでそういったお寺ではついていません。

もし近くにお寺があるのでしたら直接聞いてみるといいかもしれませんよ。

除夜の鐘をつけるお寺ってある?

除夜の鐘はいろいろなお寺でつかれています。

その多くが一般の人でもつけるようになっているので、やってみたいと思っているのであれば箸を運んでみるといいでしょう。

ただ、除夜の鐘をつきに来る人はかなりたくさんいるので早めに行かないといけませんよ。

【体験は全員ができるわけではない】
除夜の鐘は必ずしも来た人全員がつけるというわけではありません。

神社によって変わりますが、多くが先着順だったり整理券といったものが配られるのでそれを貰った人がつけるようになります。

1人1回という所が多いですが中には数名で1回鐘をつくところもあるようですね。

また、よく探してみると回数制限が設けられていないお寺もあったりします。

そういった所であれば人数に関係なく除夜の鐘をつくことができるので、どうしてもついてみたいという時は回数制限の無いお寺などを狙ってみるといいでしょう。

スポンサードリンク

nhkで放送される除夜の鐘ってどこのお寺?

毎年大みそかの夜になるとNHKでゆく年くる年が放送されますよね。

大晦日の定番とも言える番組ですが、ゆく年くる年で見られる除夜の鐘ってどこのお寺か知っていますか?

【ゆく年くる年は知恩院】
この番組で登場するお寺は京都府京都市にある知恩院です。

知恩院には三大梵鐘の一つにもなっている鐘があります。
とても大きな鐘で重さは70トンもあるのだそうです。

見た目も重さもかなりの大きさである鐘は1度つくと18秒間も余韻が続きます。

テレビで聞いていると音と生で聞く音は全然違っていたりするので、興味がある人は是非生でその音を楽しんでみてください。

また、かなり大きな鐘ということもあり、1回1回つき方がダイナミックで何度も見ても飽きることがありません。

遠くからでも見に行く価値は十分にありますし、京都にはこの他にもいろいろな場所で鐘をついているのでいくつか見て回るのも楽しいと思いますよ。

ただ、知恩院の除夜の鐘は毎年何万人もの人が見に来るので早めに行かないと良い場所で見ることができなくなります。

また、時間になったら、収容可能人数を超えたらその時点で閉門されてしまうのでそういった意味でも早めに到着しているようにしましょう。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報