知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

師走の意味や由来は?師走の候はいつ使う?文例と使い方について

   

kyureki12_shiwasu

師走と言えば12月ですよね。

この時期になると仕事が一層忙しくなったり1年が終わるんだなと感じたりするようになるかと思います。

でも師走ってよく考えてみると意味や由来ってよく分からなかったりします。

3月と12月には「月」という漢字が使われていませんがこれにも意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

師走の意味や由来って?

【師走の意味・由来】
師走の意味や由来は諸説あります。

■師も走るほどの忙しさ
文字通り「師」も走りだすくらい忙しくなる時期だからということです。

ただこの「師」は誰なのかにもいくつかの説があるようです。

shiwasu_obousan

・お坊さん
年末になるとお坊さんがいろいろな家に行ってお経を唱えるという風習があります。

今はやっていない所が多いですが、現在でも行われている所があるので知っている人もいるのではないでしょうか?

12月にはたくさんの家に行ってお経を唱えることが多くなるから付けられたのではないかと言われています。

・御師
神社などに参拝しに来た人に案内する人や参拝などをする人に対して使う言葉です。
12月には大晦日があります。

1年の中でも最も御師が忙しい時期であるため12月は師走と付けられたのではないかと考えられています。

・先生
この先生というのは学校の先生のことですね。

12月は行事だけではなくテストの作成、採点など仕事がたくさんあって忙しくなります。

現在だけではなく昔からこの時期は忙しくしていたようです。
そのため師走という漢字になったのではないかと言われています。

■当て字
奈良時代の人は12月のことを「しはす」と読んでいたのだそうです。

実際に奈良時代の書物にそう書いてあります。

そこから意味などは無視して「師走」という漢字をテキトーに付けたのではないかと言われています。

ありえないだろうと思うかもしれませんが、書物があったりすると何とも言えない説得力がありますね。

師走の候はいつ使うものなの?

12月になると毎年挨拶状を出す人もいるかと思います。
挨拶状を書く時に使うのが時候の挨拶です。

時候の挨拶はその季節ごとに異なります。

12月には師走の候以外にも「短日の候」「寒冷の候」といったものも使われることがあります。

■師走の候はいつからいつまで?
師走の候は12月初めから12月中旬頃までに手紙を書いて出す時に使ってみてください。

12月に届くのであれば構わないのですが、12月下旬になると「歳末の候」「歳晩の候」が使われるようになるので、ベストな時期は12月初めから中旬頃までということになりますね。

なんだか複雑に感じますが「この日からは使ってはいけない!」というわけではないので難しく考える必要はありませんよ。

スポンサードリンク

師走の候の文例

■拝啓 師走の候、年末のご多忙な時期かと存じますがお変わりございませんでしょうか。
■拝啓 師走の候、木枯らしの吹く季節となりました。
■拝啓 師走の候、今年もまさに暮れようとしております。いかがお過ごしでしょうか。

季節を感じさせる言葉や相手や相手の家族などの体調を気遣うような言葉を添えるようにするといいでしょう。

こういった挨拶状に慣れていないとぎこちない感じになってしまうかと思います。

そういう場合は文例を参考にしながら書いていくと何となくコツを掴めるようになりますよ。

また、最後には結びの挨拶もきちんと書くようにします。
こちらも文例を用意したので参考にしてみてください。

hagaki

【結びの挨拶の文例】
■もうすぐ一年も終わろうとしています。来年も素晴らしい年でありますように。

■年末でお忙しい毎日とは存じますが、ご家族健康で新年を迎えられますようお祈り申し上げます。

■忙しい年末ですが、体に気を付けてお過ごしください。

時候の挨拶の後は用件を書き、最後に結びの挨拶を書きます。
親しい間柄の人へ贈るのであればそこまで堅苦しくなる必要はありません。

文例をよく見て自分なりの言葉にして書いてみたり、初めのうちは文例をそのまま使うというのもアリですので、まずはどんなものなのかを知るようにしてみてください。

まとめ

師走の意味やその時期にしか使えない時候の挨拶などを知っているとより季節感を味わうことができます。

忙しい時期ではありますが、たまにはお世話になった人などに1年間のお礼を込めて挨拶状を送ってみるといいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

 - お役立ち情報