知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

どんど焼きとは?由来や意味は?燃やすものやお守りはどうするの?

   

fire-56677_640

どんど焼きって何か知っていますか?

全く知らない人からしたらお菓子や焼き物をイメージするかもしれませんが、実際は全く違うものです。

どんど焼きは小正月に行われるものなのですが、どうして「どんど」焼きっていうか気になりませんか?

この他にもどんなことをするのかも気になりますよね。
そこで今回はどんど焼きについて調べてみました!

スポンサードリンク

どんど焼きとは?

【お正月の火祭り行事】
どんど焼きというのは小正月、つまり1月15日に行われる年神様が天に帰るための火祭りのことです。

お正月に飾っていた注連縄、松飾り、そして書初めなどを家から持っていき、一か所にまとめて積み上げ燃やしていきます。

この時に立ち上る煙に乗って年神様は天へと帰っていくと言われています。

【どんど焼きの火に関する言い伝え】
どんど焼きをしている時にあがっている火にあたったりこの火で餅や団子を焼いて食べると1年間健康に過ごすことができると言われています。

どんど焼きを行った後の灰を持ち帰り家の周りに撒くと魔除けにもなるんだそうです。

また、書初めを燃やす時に火が高く上がると字が上手くなったり勉強など学業に関して良い成果が出ると言われているんですよ。

他にも火にあたることで若返るなどの言い伝えもあるそうなので、若返りたい人、学業の成績を良くしたい人などは参加してみるといいかもしれません。

どんど焼きの意味や由来を教えて?

【どんど焼きの意味】
どんど焼きがどうして「どんど焼き」と呼ばれるようになったのかには諸説あります。

・竹が燃えて割れる時に「どんど」と聞こえるから

・火を燃やす時に「尊や尊(とうとやとうと)」とはやし立てていたのが訛っていつしか「どんど」になった

・どんどんと火が燃えている様子から

などなどいろんな説があります。
どれにしてもどんど焼きの意味は響きからきているようです。

【どんど焼きの由来】
どんど焼きの由来は平安時代にまでさかのぼります。

平安時代の宮中行事の中に「左義長」と呼ばれるものがあります。

正月の15日になると宮中では青竹を束ねた状態で立てて、毬杖(ぎっちょう)という杖を3本くくりつけたものを作り、その上で短冊や扇子といったものを燃やす行事があったそうです。

燃やす時には陰陽師が歌いはやし立てながら燃やしていき、その年の吉凶を占っていました。

この行事を行う時に毬杖を3本使うことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれ、次第に庶民にも伝わるようになり現在のような形になっていったのだそうです。

はるか昔から行われていた行事が現在でも行われていると思うといろいろ考えさせられるものがありますよね。

スポンサードリンク

どんど焼きをする時に燃やすものは何でもいいの?

どんど焼きの時に燃やすものは何でもいいというわけではありません。
燃やしてはいけないものもあるので持っていく時は注意してくださいね。

【燃やせるもの】
・しめ縄
・正月飾り
・書初め
・おみくじ
・神棚
・破魔矢
・おふだ袋
・おふだ
・神具
・紙の三方

などです。
開催される神社によっては燃やすことのできないものなどもありますので、参加する時は事前に問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

【燃やせないもの】
・紙袋
・ビニール袋
・段ボール
・金属
・プラスチック類
・写真
・カレンダー
・熨斗袋
・人形
・年賀状
・仏関係
・食べ物

燃やせるものと燃やせないものはゴミの分別の関係もありますし、後は神社に納めることができるかどうかで決まってきます。

これはどうなんだろう?と気になるものがある時は問い合わせるのが一番ですよ。

どんど焼きの時にお守りは燃やせる?

omamori

どんど焼きの時にお守りを燃やせるかどうかはその神社によって変わってきます。

というのも、お守りというのは基本的に新しいお守りを買った時などに古いお守りを返納所へ納めます。

地域によってはどんど焼きの時に燃やすこともできるのですが、場所によってバラつきがあるので古いお守りを処分したいと思っているのであれば、神社に問い合わせて燃やせるかどうかを確認してみてください。

正月を過ぎてしまった時は神社に納めればいいです。

ただ、規模の小さな神社の場合は断られてしまうこともあるので行くのであれば大規模な神社へ足を運ぶようにすると良いかもしれません。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣