知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

勤労感謝の日の意味や由来 新嘗祭とは?プレゼントで喜ばれるのは?

   

kinroukansyanohi_title

日本には祝日が複数ありますよね。
例えば勤労感謝の日です。

この日も祝日なので学校や会社がお休みになるという所もたくさんあるかと思います。

あまり深く考えたことが無かった人も多いかと思いますが、そもそもこの勤労感謝の日にはどんな意味があるのかを知っていますか?

スポンサードリンク

勤労感謝の日の意味や由来って?

勤労感謝の日と言えば11月23日です。
この時期になるとだんだん仕事が忙しくなってきたりするのでこの日はゆっくりと休んでおきたいところですよね。

勤労感謝の日の意味
勤労感謝の日は国民の祝日に関する法律によると「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨で制定されました。

働くことの大切さ、作り出したものをみんなで喜び感謝し合うといった意味が込められた日です。

勤労感謝の日の由来
勤労感謝の日の由来は皇室にも伝わる神道の儀式の一つ「新嘗祭」が由来とされています。

勤労感謝の日は昔からあるものではなく、もともとは新嘗祭という祭日だったようです。

詳しくは↓で紹介するので参考にしてみてください。

勤労感謝の日と新嘗祭の関係とは?

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

【勤労感謝の日と新嘗祭の関係】
新嘗祭というのは新稲の収穫を祝い、次の年の豊穣を祈願するための大切な行事です。

日本には非常に古くから作物などの収穫を祝う収穫祭が日本全国で行われてきました。
現在でも形を変えていたりしますが残っている物もあります。

収穫祭の一つでもある新嘗祭は天皇が日本国民を代表して豊作、そして我々の命の糧を授けて頂いたことを神へ感謝する日本にとってとても重要な収穫祭でした。

しかし、日本が戦争で敗戦するとGHQが日本に対していろいろな政策を行っていきます。

新嘗祭は関係無いように感じますが、GHQは天皇が関わっているということで国民から切り離し、名称も勤労感謝の日というものに変更したのです。

GHQは日本国民と天皇、そして皇室といったものを切り離そうとしていたんですね。

そのため、現在では新嘗祭ではなく勤労感謝の日と呼ばれるようになったのです。

スポンサードリンク

勤労感謝の日が11月23日の理由

勤労感謝の日がなぜ11月23日なのか気になりますよね。

新嘗祭は旧暦11月の2回目の卯の日に執り行われていました。
なので特にこれといって日付が固定されてはいませんでした。

ですが、暦が現在のものに変更されるときに行われた新暦11月の2回目の卯の日の新嘗祭が11月23日だったことからこの日が新嘗祭として固定されました。

勤労感謝の日のプレゼントでおすすめのものは?

勤労感謝の日に両親へ何かプレゼントをしたいと思っているのであればこれから紹介するものを参考にしてみてください。

働き盛りお父さんへプレゼントするのであれば仕事で使えるようなネクタイ、ハンカチ、靴、靴下などがおすすめです。

お母さんへプレゼントをしたいのであればプリザーブドフラワーがおすすめですよ。
C824_akaboxhana_TP_V
生花でもいいですが、生花だとある程度日にちが経つと枯れてしまいます。

ですので、長く色鮮やかでみずみずしい状態が続くプリザーブドフラワーにすればすぐに枯れることもなく長く愛でることができるようになります。

仕事などに関係なくプレゼントをしたいのであればアクセサリーや家族みんなで食べられるスイーツ、飲み物、仕事の疲れを癒すために二人だけに温泉旅行をプレゼントするのもいいかもしれません。

■ 子供からのプレゼントなら何でも嬉しい
どんな物をあげたら喜んでくれるのかあれこれ悩んでしまうことが多いかもしれませんが、親からしてみれば子供からプレゼントされたものならどんなものでも嬉しいと感じるものです。

プレゼントだけでは物足りないと感じるのであれば日頃の感謝を込めて手紙を添えてあげるといいかもしれません。

直接言葉にするのは恥ずかしかったりしますが、手紙であれば面と向かって話すわけではないので伝えやすくなると思います。

親へ心からの感謝を伝えられる日というのはそこまで頻繁になることではないので、是非手紙と一緒にプレゼントしてみてください。

まとめ

勤労感謝の日の由来などを知ると印象が変わってきたりしますよね。

また、意味を知った上で勤労感謝の日というものを考えるとより食べ物や汗水流して働いている人への感謝の気持ちが高まってくるかと思います。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣