知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

二重まぶたに自力でする方法や作り方は?テープや化粧品を使うやり方

   

dreamy-20100_640

二重まぶたって目が大きく見えるしクリッとした印象になりますよね。

印象が全く変わってくるので私も二重になりたい!なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

時間はかかるけど自分でも簡単に二重を作ることができたりするので是非試してみてください。

スポンサードリンク

二重まぶたに自力でする方法ってあるの?

メイクで二重を作るのもいいけれどできることならメイクをしなくても二重の状態を維持したいと思っている人も多いかと思います。

整形するしか方法はないと思っているかもしれませんが、実は簡単なやり方で二重まぶたを目指すことができるんです!

時間はかかってしまいますが、憧れの二重まぶたが作れるかもしれないので挑戦してみてください。

YUKA150701598457_TP_V

【絆創膏で二重のクセをつける】
市販の化粧品でも簡単に二重が作れるものがたくさんありますが、絆創膏の粘着部分を使うことでも二重が作れます。

やり方は簡単です。
防水、そして透明なタイプの絆創膏を用意してまぶたの幅に合わせて細長く切ります。

綿棒などで皮脂や汚れを拭き取ったらクセをつけたい部分に絆創膏を貼り付けるだけで完了です。
とっても簡単ですよね。

これを毎日繰り返し行っていけば自然とクセがついて二重になるという寸法です。

実際にやり続けて二重になったという人もいるようですので試してみる価値は十分にありますよ。

【上目遣いでまぶたを二重に】
眉を動かさないようにして上目遣いをします。

慣れないうちは大変かもしれませんが毎日何度も繰り返しやってみてください。
こうすることでクセがつくようになるそうですよ。

どちらも簡単ですし短時間でできるので好きな方を選んでチャレンジしてみましょう。

二重まぶたの簡単な作り方って?

簡単だけど綺麗な二重まぶたにしたいと思っているのでしたらちょっとした部分を工夫するようにするといいですよ。

【メザイク】
メザイクで二重を作る時はまず付属のスティックを使って二重のラインを作ります。

この工程はとても大切なことですので、自分の理想とするラインを確認しながら作っていきましょう。

ラインが決まったらその線に沿ってメザイクを貼り付けます。

綺麗に貼れたらスティックで軽く抑えたり位置を微調整しながら二重を作って完成です。

スティックは強く押してしまうとまぶたに負担がかかってしまうので強く押し過ぎるのはやめるようにしてくださいね。

【つけまつげ】
つけまつげを付ける時は生え際ギリギリに付けるのではなく、生え際から2mm程度上に貼り付けていきます。

目尻の方から付けていって後は間をアイライナーなどで埋めていけば完成です。

スポンサードリンク

テープで綺麗に二重まぶたを作るには?

二重まぶたを作る方法の一つにアイテープと呼ばれるものがあります。

アイテープは両面接着タイプ、片面接着タイプ、ファイバータイプといったものがあります。

使い方、使い心地には少し違いがありますが、綺麗な二重瞼にしたいのであれば以下のことに気を付けてみてください。

■汚れや余分な皮脂を綺麗に取る
テープを貼る前に汚れや余分な皮脂といったものを綺麗に取っておかないとテープが取れてしまうことがあります。

なので、水や化粧水をコットンに付けて綺麗に拭いてから使用してください。

■二重のラインを決めてから貼る
ラインを決めずにつけてしまうと失敗して無駄にテープを消費することになります。

左右に違いが出てしまうこともあるのでプッシャーを利用して理想とする二重のラインを作ってからテープを貼るようにしましょう。

後はそれぞれの使い方に合わせてテープを貼り付けていけば完成です!

二重まぶたにできる化粧品ってどんなものがあるの?

PAK86_okesyouhin_TP_V

最近では二重まぶたにできる化粧品が数多く販売されています。
安いものもたくさんあるので手が出しやすいかと思います。

【ノリタイプ】
アイプチと呼ばれるものですね。

これは白い液体状のノリのようなもので、まぶたに塗って乾いたらプッシャーで二重を作るというものです。

汗や水に強いものが多いですが、このタイプは目を閉じようと思っても完全には閉じれなかったりするので注意が必要です。

また、ノリの部分だけアイシャドウが濃くなったりするという欠点もあります。

【テープタイプ】
上でも紹介したものですね。

接着タイプのものはアイプチと違ってきちんと目を閉じることができますし引っ張られているような感じもありません。

簡単に貼り付けることができます。
ただ、接着タイプの場合はすぐにバレてしまったり使い方が悪いと取れてしまうこともあります。

バレたくないという場合はファイバータイプにすると幅も細いですしバレにくくなりますよ。

どのタイプでも上手くできれば自然な二重にすることができます。

ただ慣れないうちは難しかったりするので何度も練習してコツを掴むようにしましょう!

スポンサードリンク

 - ファッション