知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

靴が大きいときの調整方法は?中敷きや応急処置はどうする?

      2016/08/15

high-heeled-shoes-335004_640

靴屋さんで気に入った靴を見つけたのは良いもののサイズを見てみると大きくて気に入った物が買えなかった、なんてことよくありますよね。

気にせず大きいサイズを買ってしまうこともありますが、実際履くと靴が脱げやすくなったり見栄えが悪くなります。

そこで、今回はサイズの大きな靴を履くときにおすすめの方法をいくつか紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

靴が大きい時の調整方法ってどんな方法?

wedding-1356178_640

【詰め物を入れる】
靴が大きい場合は隙間が空いてしまいます。

ですのでその隙間を埋めるために布などを詰めてみてください。
場所はかかとではなくつま先の方にすると目立たないのでおすすめですよ。

小さいクッションでもいいですし、使わなくなったタオルを切って詰めたりするのもいいです。

時々靴を履いてピッタリ合うか微調整を繰り返し、丁度良くなったら完成です。

最近ではサイズ調整用のクッションも売られているので気になる人は探してみてください。

【靴下を履く】
靴下といっても生地が薄いものではなく少し厚めのものを履くようにします。

靴下の厚みの分隙間を埋めることができますし、これだけでもピッタリだと感じたりするんです。

中には靴を買う時に厚めの靴下を履いて試着をしてそのまま買ってしまう場合もあります。

この場合は別の日に履いてサイズの大きさに気付くことになるので、買う時は十分注意するようにしましょう。

【ジェルシールを貼る】
ハイヒールやパンプスなどを履くと前の方に滑ってしまったりすることがあると思います。

そんな時におすすめなのがジェルシールです。
靴擦れ用のものとハーフインソールになっているものがあるのでよく見て買うようにしてくださいね。

使い方は靴に貼り付けるだけです。
たったこれだけで前に滑ることが無くなるのでとても便利で心強い味方になってくれます。

中敷きは靴が大きい時の味方になってくれる?

sole-55785_640

靴が大きい時の対処法として知られているのが中敷きを使うことです。

この中敷きは現在、非常にたくさんの種類の商品が販売されています。
安く手に入れられるものもあれば少し値段の高いものもあります。

また、単純に分厚いだけの中敷きもあれば、他にもいろんな機能が備わっている中敷きもあったりするんです。

靴屋さんによっては中敷きを入れた状態で試着できる所もあったりするので買う前に中敷きを入れてサイズが合うかどうかを確認するという手もありますね。

【靴全体に敷くタイプ】
中敷きというと靴全体に敷くイメージがあると思います。

足の形をした中敷きが一般的ですし種類も豊富にあるのでそこまで目立たない靴なのであればそれで十分かと思います。

ただ、ハイヒールやパンプスといった靴の場合、物によっては目立つこともあるので気を付けましょう。

【部分的に貼り付けるタイプ】
中敷きの種類によっては一部分に貼り付けるタイプがあります。

また、クッションのようになっているタイプもあるので目立たせたくない、ちょっとだけ隙間を埋めたい時に最適です。

滑り止めになるもの、靴擦れ防止になるものもあるので自分に合ったものを選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

靴が大きいと感じた時の応急処置の方法って?

履いたはいいものの思っていたよりも靴が大きかった場合は上で紹介したような方法で対処すれば問題ありません。

ですが、既に外出してしまっていたり調節するものが無い、この靴じゃないとダメだという時はどうしたらいいのでしょうか?

【ティッシュを詰める】
ポケットティッシュなどがあるのでしたらそれをつま先に詰めることで隙間を埋められます。

とりあえず今だけ対処できればいいというのであればこの方法が有効的ですね。
ただ、長時間歩きまわる場合は痛くなってしまう可能性があるのでおすすめできません。

【インソールを買う】
100円ショップや靴屋さんなどが近くにお店があるのであればそこに行き、上にも書いてあるようなインソールを買って貼り付けてみてください。

少しお店による時間があるのであればこの方法で応急処置ができますし、なんならそのまま使い続けることもできます。

【スポンジを詰める】
痛みを感じるのは嫌だという場合はスポンジのようなものを適度な大きさに切って詰めておくのもいいですね。

無い場合は布でも構いません。

今日だけ凌げれば良い!という場合はこれらの方法を試してみてはいかがでしょうか?

中敷きなどはいくつかあっても困らないと思うのであらかじめ買っておくというのもアリですよ。

スポンサードリンク

 - ファッション