知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

袋田の滝 紅葉の見頃やライトアップはいつ?アクセスや駐車場は?

   

ELL96_kouyousuruirohamomiji20141127083709_TP_V

茨城も秋になるといろいろな所で紅葉を楽しむことができるようになります。

中でも感動的で美しい場所なのが袋田の滝で見られる紅葉です。

滝の周りにはたくさんのもみじがあり、時期によっては緑、黄色、赤といったいろいろな色のもみじを楽しむことができます。

見に来てよかったと思えるような場所ですので、興味がある人は是非見に行ってみてください。

スポンサードリンク

袋田の滝の紅葉の見頃っていつ?

【紅葉の見頃】
袋田の滝の紅葉の見頃は大体11月上旬~11月下旬辺りと言われています。

袋田の滝の周りにはオオモミジ、イロハカエデなど色んな種類のもみじがたくさんあります。

また、袋田の滝は滝の落下が四度あること、そして春夏秋冬に1度ずつ来ないとこの滝の良さが分からないということから「四度(よど)の滝」と言われ、日本三大名瀑のひとつにもなっています。

確かにその季節によって見せる景色が異なるので、1度行っただけではこの滝の良さは語れません。

紅葉の見頃は11月ですが、その時期以外の景色も楽しみたいのであればその季節ごとに1度は見に来るといいかもしれませんね。

【おすすめスポット】
基本的にどこから見ても非常に綺麗です。

ですが、その中でも絶景と言われているのが観瀑トンネル、そして第1観瀑台~第2観瀑台です。

言葉を忘れるくらい美しい紅葉が見られるので是非この場所の紅葉を見に行ってみてください。

袋田の滝の紅葉はライトアップされるって本当?

昼は明るいから紅葉の美しさを存分に感じることができますが、夜は真っ暗だから分からないですよね。

しかし、11月初旬~2月中旬頃まで、袋田の滝ではライトアップが行われています。
ですので、昼だけではなく夜も楽しむことができるんです。

ライトアップされた滝、そして紅葉は幻想的で迫力満点です。

昼間に見せていた姿とは全く異なるので昼だけではなく夜の紅葉も見てほしいですね。

ただ、ライトアップは期間中毎日行われているというわけではなく、金~日、そして祝日に行われています。

ですのでライトアップを狙っているのであればこの曜日に見に行くようにした方がいいですよ。

また、年末年始は毎日ライトアップされるようですので休みを利用して見に行くというのもアリです。

例年行われているライトアップですが、2016年もやるかはまだ分からないのでしっかりと情報を集めてから行くようにしてください。

袋田の滝へのアクセス方法と駐車場の場所は?

【アクセス方法】
電車やバスを利用する場合はJR水郡線袋田駅を下車してバスに乗り換えます。

10分ほどバスに乗っていると滝本という場所があるのでそこで降り、さらに徒歩で10分歩くと到着します。

なかなか面倒で大変そうに感じますが、この時期は渋滞が予想されるので公共の交通機関を利用した方が楽かもしれません。

【駐車場】
駐車場は無料の町営駐車場が2ヶ所、そして民間の有料駐車場があります。

無料の駐車場を利用する場合は袋田滝本町営第一無料駐車場と町営袋田第二無料駐車場があります。

袋田滝本町営第一無料駐車場は袋田の滝までの距離が約1kmです。

町営袋田第二無料駐車場は袋田の滝まで約1.5kmとなっています。

第一は50台ほどしか停められませんが第二であれば220台も停められるのでこちらを狙ってみると良いかもしれませんね。

有料の場合、1回300円から500円程かかってしまうので有料駐車場を利用する場合はきちんとお金を用意していくようにしましょう。

どれを利用するかはその時の状況によって臨機応変に対応していくようにすると良いかもしれません。

スポンサードリンク

袋田の滝周辺のホテルって?

袋田の滝周辺にはいくつかホテルがあるので遠くから紅葉を見に来た場合でも安心して宿泊できますよ。

【悠久の宿 滝美館】
袋田の滝からも近い場所にありますし、周辺にもみじがあるのでここでも紅葉を楽しめます。

【袋田温泉 思い出浪漫館】
どこか懐かしさを感じるようなクラシカルな洋室があったりヒノキの香る和室、そして純和風なお部屋があったりといろいろな雰囲気を楽しむことのできるホテルです。

【ホテルヴィレッジ】
スペイン風のホテルになっており、その季節によって見える景色が絶妙に変化していきます。

外観だけではなく建物の中の雰囲気もとても良いので心も体もリラックできるはずです。

泊りがけで行くのであればホテルも満足できるところが良いですよね。

袋田の滝周辺には素敵で心も体も休まるホテルがたくさんあるので一つ一つ確認しながらどこがいいか決めていくようにしてください。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣