知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

十五夜の意味を子供向けに説明すると?いつから?お供え物は?

   

pyoko9_jugoya

大体9月になるとお月見の時期だな~なんて十五夜のことが頭に思い浮かぶかと思います。

小さい時からこの時期は十五夜になるとお団子を作って食べていたりしました。

そういうものなんだと深く考えなかったと思いますが、もし自分の子供に「十五夜ってなに?」「なんのためにあるの?」なんて聞かれたらきちんと答えられますか?

しっかり教えてあげたいと思っているのであればこれから少しだけ十五夜についてお勉強してみましょう!

スポンサードリンク

十五夜の意味を子供にも分かるように教えて?

十五夜というのは旧暦8月15日の満月の日のことを言います。

旧暦では8月15日ですが、現在はその年によって日にちが変わるので注意してくださいね。

【1年で最も綺麗な月が見られる日】
旧暦8月15日は現在で言う9月半ば~10半ばくらいの時期になります。

今ではこのくらいの時期が秋と言われていますが、昔は7月~9月頃が秋と言われていました。

十五夜はその真ん中あたりにあるため「中秋の名月」と呼ばれていたりするんです。

満月なんて一年に何度か見られるのに何でこの日が大切にされているのかというと、この時期は空気が乾燥し空が澄んで見えるためとっても綺麗な月を見ることができるんです。

普段見ているような月とはまた違う、はっきりとしていてくっきり綺麗な形の月が見られるからこの時期にお月見をするんですよ。

月への感謝の意味を込めてお団子をお供えする

秋になるといろいろな食べ物が収穫されるようになります。

中でもお米やサトイモなどの食べ物はたくさん収穫されるようになりますよね。

普通ならたくさん日光を与えてくれる太陽に感謝するかと思いますが、十五夜の時の満月の光を浴びるとお米などが強くなったり吸収力なども高くなったりするんです。

普段よりもさらに良い農作物が収穫できるようになるため太陽ではなく月に感謝するのだそうですよ。

かなり遠くにある月ですが、植物や生き物に与える影響はかなり大きいので十五夜の時期が来たのであればお月見をしてみるといいかもしれません。

子供に説明するには?
子供に聞かれた時は
「1年で一番お月様が綺麗に見られる日なんだよ」
「お月様の力でお米や野菜ができたからこうしてお団子を作ってお礼をしてるんだよ」

と教えてあげると良いでしょう。

2016年の十五夜っていつ?

十五夜はその年によって日にちが変わります。
2016年は9月15日(木)ですね。

ところで、十五夜やお月見の意味が分かったのは良いのですが、どうして十五夜は「十五夜」と呼ばれているのでしょうか?

なんとなく15日だからと思ってしまうかもしれませんが、実際は新月から満月になるまで大体15日くらいかかるからだと言われています。

もし子供に「なんで十五夜って言うの?」と聞かれたら「月が出ない時からまん丸の満月になるまでに15日かかるからだよ」と教えてあげると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

十五夜の時のお供え物ってどんなもの?

tsukimi_jugoya

十五夜の時にお供えするものってどんなものが思い浮かびますか?

多分多くの人が台の上に乗ったお団子やススキといったものを想像するかと思います。
これらのお供え物には何か意味があったりするんでしょうか?

【収穫をするための祈り】
お月見の時にはお団子やススキといったものをお供えして食べるものですよね。

このお供え物はこれからどんどん収穫されていくようになるお米などのために米から作った団子をお供えして祈っていたのだそうです。

丸くするのは満月をイメージしているためです。

この他にもこれからの幸せや健康を祈るためにお団子を作り、家族みんなで食べていたんだそうですよ。

【稲穂の代わりにススキ】
お月見の時にはお団子と共にススキもお供えします。
これにもきちんとした意味があります。

お月見はこれから行われる収穫への祈りです。

だからお米で作った団子をお供えするのですが、さすがに稲穂はまだ収穫前なのでお供えできませんよね。

そこで稲穂に似た形をしているススキをお供え物として使っているんです。

稲穂には神様を招くための依代という意味もあるので十五夜にはなくてはならない存在です。
ですが、収穫前ということもあり、形が似ているススキが採用されました。

スポンサードリンク

 - 季節の行事や習慣