知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

犬の熱中症を防ぐ室内の対策とは?温度やエアコンの設定はどうする?

   

summer_necchusyou

夏になると熱中症で倒れてしまうことがあるので注意しないといけません。

熱中症になったら静かにしていればいいと思っているかもしれませんが、時には命を落としてしまう可能性もある怖い症状ですので甘く見てはいけませんよ?

それに、熱中症というのは人間だけに起こるものではありません。

犬なども熱中症になってしまう恐れがあるので、自宅で犬を飼っているのであれば自分だけではなく愛犬にも気を使ってあげるようにしましょう。

対策の仕方などが良く分からないのであれば簡単に紹介していくので今年の夏から実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

犬の熱中症の症状や室内での対策方法って?

自分のことであれば気分が悪いな、と思ったり倒れそうだな、というのがすぐに分かるかと思います。

でも犬の場合は自分自身ではないので気が付くのが遅くなってしまうことがよくあります。

それにどんな症状が現れるのかもきちんと把握しておく必要があります。

【犬の熱中症の症状】
・目の充血
・ぐったりとしている
・呼んでも反応が鈍い、反応しない
・口を開けてハァハァと荒い呼吸をしている
・下痢
・嘔吐
・舌が赤黒い

こういった症状が見られるようになります。
呼吸は特に苦しそうな感じでハァハァと息をしているようであれば注意してくださいね。

pet_byouki_dog

犬は人間のようにいろいろな所から汗を出して体温調節をすることができません。
犬は体温調節が苦手な動物であるため油断しているとすぐに体温があります。

体温は37.5度~39度くらいが平熱と言われていますが、これが40度や41度を超えるようになると熱中症になります。

また、
・吐血
・意識の混濁
・血便

これらの症状は熱中症が悪化している証拠です。
非常に危険な状態ですのでこういった症状が見られた場合はすぐに病院へ連れて行ってください。

【犬の熱中症対策】
室内犬が熱中症になることを避けたいのであればちょっとした工夫をするようにしましょう。

■換気扇を回して空気を循環させよう
飼い主が家にいるのであれば窓を開けたりするだけでも十分ですが、出掛ける時は戸締りの為に窓を閉め切ってしまうことが多いですよね。

でもそれだと犬が暑い思いをしてしまうので、台所の換気扇などを回して外の空気が入る場所を作っておくといいですよ。

たったそれだけのことでも涼しい場所ができたりするからおすすめです。

■お散歩の時間は夕方などに
夏は地面の温度も上がるので散歩をするのであればなるべく気温が下がる夕方などに行くと犬も快適ですよ。

犬の熱中症を防ぐ室内温度ってどれくらい?

出掛ける時はきちんと戸締りをしないといけませんよね。
例えペットを飼っていても戸締りをしないと不審者が入り込んで貴重品を盗んでしまう恐れがあります。

なので、しっかり窓が玄関にカギをかけていくと思いますが、それだと今度は室内で飼っている犬が辛い思いをしてしまいます。

犬が快適だと思える室内温度は大体25度以下です。
26度以上になってしまうと暑いと感じてしまうようですので、このくらいの温度を意識してみるといいでしょう。

室内全体の温度を下げるのではなく冷却シートやジェルマットなどの冷却グッズを使ってみるのもアリです。

部屋の比較的涼しい場所にシートなどを置いてあげるとそこでお昼寝をしたりするので買ってみてくださいね。

スポンサードリンク

室内犬の熱中症を防ぐエアコンの使い方

setsuden_airconditioner_man

冷却グッズなどをすぐに買ってあげることができなかったりあまり使ってくれないのであればエアコンを使ってみるのもアリですよ。

エアコンを付けるのであれば温度を25度以下に設定してくださいね。
電気代が気になるのであれば遮光カーテンを付けてみるといいでしょう。

遮光カーテンを取り付けてからエアコンを使うようにすると冷房の効率が上がります。

たったこれだけで電気代の節約になりますしカーテンを付けるだけでも温度をいくらか下げられるからおススメの商品ですよ。

1日中付けておかなくても問題はありません。
なので、1日の中でも特に暑くなるお昼頃だけ冷房を付けるようにタイマーをセットしておくと愛犬が厳しい暑さから逃れることができるようになりますし、熱中症も防げます。

そこまで難しくない方法ですので、やりやすいものから始めてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - ペット・動物