知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

乳癌の症状や痛みは初期の場合どんなもの?検診費用はいくら?

      2016/07/10

businesswoman3_question

女性がなりやすい病気で気を付けたいのが乳癌です。
身近に感じないという人も多いですが、乳癌を患う人はかなり多くいます。

知らないうちに進行してしまっていた!と後になってから気付くといろいろ後悔してしまいます。
そうならないように普段からしっかり気を付けておくようにしましょう。

スポンサードリンク

乳癌には痛みなどの症状はある?

乳癌になると胸にチクチクとした痛みが現れると言われていたりします。

なので、その痛みに注目している人も多いですが、必ずしも乳癌というわけではありませんので気を付けましょう。

【乳癌で痛みが出る場合の特徴】
乳癌の時も痛みを伴うことがあります。
それは乳癌が進行している時です。

乳癌が原因で胸に痛みが出る場合は片方の胸だけに痛みが出るという特徴があるそうです。

ですので、片方の胸だけ痛みがある場合は念のために病院へ行って詳しく調べてもらうと良いかもしれません。

乳癌の初期症状の場合は特に痛みを感じることは無いので気が付きにくいことが多いですね。

乳癌であろうとなかろうともし気になる痛みなどがあるのでしたら病院で調べてもらい、何かの病気なのであればしっかりと治療していくようにしてください。

関連記事⇒乳癌検診の費用は?20代でも受ける?触診や再検査ってどんなもの?

乳癌の初期症状ってどんなもの?

kinchou_woman

■乳房にしこり
■乳房が熱を持っていて熱い
■左右の乳首の位置が違う
■乳房の皮膚が変色、または赤みがある
■乳頭がただれている
■乳房が痛い
■乳頭から分泌液、または出血がある
■乳房、もしくは乳首が陥没している

これらの初期症状の中でもとくに有名なのがしこりですよね。
しこりは分かり辛いイメージがありますが、2cm以下のしこりができるそうです。

2cmだと意外とすぐに違和感に気が付いたりします。

自分で思っていたよりも大きなしこりができるので明らかにおかしい時は注意するようにしてくださいね。

ただ、最近では目立ったしこりはできないというパターンもあるようです。

こういう場合はマンモグラフィ検診をしないと分かりにくいのでしこりだけで判断しないようにしてください。

一番やってはいけないのは放置することです。

ちょっと気になるけれど違うだろうと思って放置していると脇の下などのリンパ節に転移してしまう恐れがあるので違和感があるのであればその違和感を解消するためにも病院へ行くようにしましょう。

スポンサードリンク

乳癌検診の費用ってどれくらい?

乳癌検診は面倒で行っていないという人もたくさんいます。

ですが、乳癌になってから行っておけば良かったと後悔しても遅いですので、少しでも早く異変に気が付けるように、少しでも早く治療を受けられるようにするためにもきちんと検査は受けておくようにしましょう。

ただ、乳癌検診を受けるとはいってもお金が無いと難しいですよね。
乳癌検診には一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

どの検査を受けるのかによって費用は変わってきます。

また、全額自己負担になることもあるのでその場合は検査にかかる費用全てを自分で支払わないといけません。

マンモグラフィ検査:5000円前後
超音波検査:3500円前後

単体だとこのくらいの費用になりますが、2つの検査を受ける場合は10000円前後かかることがあります。

さらに診察代やケアなどを含めると20000近くの費用が掛かる場合もあります。

各市区町村が負担してくれる場合は0円~3000円前後の自己負担で受けられるようになるので気になる人は検査を受ける前に確認してみてください。

会社員の場合は勤めている企業の検診制度を利用して乳癌検診を受けるようにしましょう。

どれくらい負担してくれるのかなどはその会社によって異なりますので、こちらも受ける前にきちんと確認を取ってから利用するようにしてくださいね。

まとめ

私は乳癌にならないだろう、きっと違うだろうと思っていると気が付かないうちに乳癌になっている可能性があります。

そのまま放置している転移したり手遅れになってしまうこともあるので、元気に過ごしていくためにも定期的に検診を受けたりするようにしてください。

検診だけではなくセルフチェックで乳癌を発見するケースもあります。
お風呂に入っている時などに見た目を確認したり触って異常がないか確認することも忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 病気や体の悩み