知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

お腹周りの脂肪を落とす運動とダイエットで即効性の効果ある方法は?

   

metabolic_woman

男女関係なく脂肪って気になりますよね。
特にお腹周りの脂肪って服を着てても目立つことがあるのでどうにかしたいと思っている人が多くいます。

そのままにしていても消えることはありませんので、気になるのであればこの機会に簡単にできる方法でダイエットをしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

お腹周りの脂肪を落とすための運動をする前に!

お腹周りの脂肪を落とすためにはまず自分の脂肪はどのタイプなのかを確認する必要があります。

【内臓脂肪】
内臓脂肪は内臓の周りに脂肪が付いている状態のことです。

女性よりも男性に付きやすい脂肪で、1日に必要とするエネルギー量をはるかに超える量の食べ物を食べ、全て使い切ることができずに余ってしまったエネルギーが脂肪になってしまいます。

運動も大切ですが、食事メニューを改善するだけでも落ちることがあるので、そこまで辛い運動をする必要はありません。

【皮下脂肪】
皮下脂肪は皮膚の下付いてしまう脂肪のことです。
内臓脂肪の場合お腹をつまんでも大して挟めませんが、皮下脂肪の場合はしっかりつまむことができます。

皮下脂肪は女性に付きやすく、筋肉を使って運動をしながらダイエットしないと減らすのに時間がかかります。また、皮下脂肪はズボンの上に脂肪が乗るので見た目も良いとは言えません。

■ 腹筋で効果的に痩せる
お腹周りの脂肪を減らしたいなら腹筋運動です。

辛いし何十、何百とやらないといけないようなイメージですが、実際はそんなに多くやる必要はありません。

体を起こす時に5秒間使い、元の体勢に戻るのにまた5秒使う。
この動きを10回3セット行うようにしてみてください。

お腹の筋肉を意識しながら腹筋をしていくことでよりこうかが上がってきますよ。

お腹周りのダイエットをするなら?

walking_man

【便秘でお腹が出ている時】
便秘が原因でぽっこりお腹になってしまっているなら原因となっている便秘を解消することで凹ませることができます。

体を温めたり食物繊維が取れるような食事、軽い運動を心がけてみてください。

【お腹周りの脂肪を落とす時】
お腹周りに脂肪が付いてしまったのであれば軽い運動から始めるようにしてみてください。
きつい運動をする必要はありません。

上で紹介したような腹筋でもいいですし、ウォーキングの時間を作って歩くようにするのもいいでしょう。
ただ、ウォーキングをするのであれば時間帯に気を付けてやるといいですよ。

運動に適しているのは朝と夕方
軽い運動をしてダイエットしたいのであれば朝と夕方のどちらかの時間帯にやってみてください。

朝であれば朝食の前に行うのがベストです。
朝食前に体を動かすことで脂肪を分解しエネルギーとして活用するようになります。

食後だと食べ物のブドウ糖をエネルギーにしてしまいますが、食事前なら脂肪を使うので脂肪燃焼効果を十分に期待することができます。

ただし、朝に運動をすると脱水症状や寝起きでボーっとしていることが原因で事故に遭いやすくなるので十分に注意しないといけません。

早起きするのが苦手だったり朝は忙しいという時は夕方がおすすめです。
夕方の16時頃は一日の中でも最も体温が高くなる時間帯だと言われています。

ということはカロリーが消費しやすい状態にあるということです!
なので、朝が無理ならこのくらいの時間帯に体を動かしてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

お腹回りに即効性のあるダイエットってある?

簡単な方法でそれなりに高い効果があるようなダイエットをしたいのであれば以下の方法を試してみてください。

【たった30秒のブリッジ】
子供の時に良く仰向けに寝そべった状態からブリッジをしていたことがあるかと思います。

これがダイエットになるんです!

やり方はとっても簡単です。
仰向けに寝て手足を伸ばしたら腰を浮かせてブリッジしていきます。

呼吸は止めず普通に呼吸をしながら約30秒間キープしたら終了です。
これをすることで体のゆがみ、姿勢改善効果も期待できるのでおすすめですよ。

【腰を8の字にひねるだけのダイエット】
腰回りだけを8の字にひねるだけというとっても簡単な方法です。

足は肩幅まで開いてお尻、お腹に力を入れるのがポイントです。
8回を1セットとして8セットを1日にやるだけでいいんです。

骨盤のゆがみも改善できるし即効性もあるとして多くの人が実践しています。

スポンサードリンク

 - ダイエット