知りたい情報どっとこむ

なぜ?と思う日常の疑問や役立つ情報を分かりやすく紹介

淀川花火大会 2016の日程やおすすめスポットは?梅田会場への行き方は?

   

fireworks-1758_640

花火大会というと名人とも呼ばれるような花火師の方が一つ一つ手作りしていたり、プロの花火師が作っていると思いますよね。

確かにそれが一般的でもあり、普通でもあるのですが「淀川花火大会」はちょっと違うみたいですよ。

淀川花火大会はプロの花火師ではなくボランティアスタッフが一から手作りした花火を打ち上げているのです。

それだけでも十分変わっていますし興味をそそられるものがありますよね。

花火師が作る花火とはまた違った雰囲気のある物、手作り感あふれるような花火もあるかもしれません。

ただ、どの花火も本当にボランティアの方が作ったのかと疑ってしまうくらい綺麗で目を奪われてしまうので期待しても損することはないでしょう。

スポンサードリンク

淀川花火大会2016の日程や見どころは?

2016年で28回目を迎える淀川花火大会。
大阪に夏をお届けするイベントの一つでもありますし、子供から大人まで楽しめる花火になっているので楽しみにしている人も多い事でしょう。

2016年の開催日時などは以下の通りになっています。

【開催日】
2016年8月6日(土):雨天決行

【打ち上げ時間】
午後7時50分~午後8時40分頃まで

【開催場所】
淀川河川敷

今回打ち上げられる玉の数はまだ何とも言えないですが、2万発はあるのではないかと言われています。

来場者数は約55万人を予想しているので大混雑することでしょう。

当日は駐車場も満車になる所が多いですし通行も困難になる所が多くなると思うので、早めに聞ておいた方がいいかもしれませんね。

また、見どころですが、淀川花火大会の見どころと言えばやはり可愛らしいキャラクター花火や大玉100連発スターマイン、そしてフィナーレで打ち上げられる連続打上ですね。

キャラクター花火は小さい子供に人気の高いキャラクターだったり果物などの形になる花火がいくつも打ち上げられます。

スターマインは一般的な花火玉よりも大きな玉を連続でどんどん打ち上げていくのでその迫力や勢いに圧倒されること間違いなしです!

ラストに打ち上げられる花火は上空だけではなく水上にも打ち上げられるのでできることなら打ち上げ場所に近い所から見てほしいです。

この他新作の花火なども毎年打ち上げられているので全てから見どころと言っても過言ではないでしょう。

淀川花火大会を見るのにピッタリのおすすめスポットってどこにあるの?

淀川花火大会は都心部で行われる花火大会です。
なので超穴場スポットと呼べるようなところはなかなかありません。

ですが、その中でもいくつかは穴場と言えるところがあります。

■本庄公園
人の少ない場所でゆっくり見たいと思っているのであればこの場所がおすすめです。

見る場所によっては少し花火は見づらいという所もありますが、比較的人が少なく落ち着いて見られます。

カップルにもぴったりの場所なので、恋人と見に行くのであれば覚えておくと良いかもしれません。

■海老江グラウンド付近
阪神野田駅からも近いですし、場所取りが苦手な人や仕事で場所取りをしている暇が無い人にもおすすめです。

高速道路があるのでそれが気になるかもしれませんが人も意外と多くないですし、打ち上げ開始時間の少し前に来ても余裕があるので穴場スポットですよ。

スポンサードリンク

淀川花火大会梅田会場への行き方を教えて?

淀川花火大会の梅田会場まで行く時は梅田駅から行こうと思っている人も多いと思います。

ですが、当日は阪急中津駅などから行くようにすると早く到着できたりしますよ。

道もそこまで複雑ではないですし早めに行くようにすればスムーズに会場まで足を運ぶことができます。

ただ、中には車で行くという人もいるでしょう。
ですが、当日は17時くらいから交通規制がかかる道路があるので注意してください。

また、時間によっては河川敷内に入場することができなくなりますし打ち上げ開始時間の1時間前くらいに最寄り駅に到着すると会場までたどり着くことができない可能性もあります。

ですので、会場で花火を見たいと思っているのなら開始時間よりもかなり前に会場に着いていないとしっかり花火を楽しむことができないかもしれません。

まとめ

関西最大級とも言われている淀川花火大会は花火を見ている間だけではなく見終わった後もしばらく余韻を楽しむことができます。

夏の良い思い出になること間違いなしですので是非良い場所を確保して綺麗な花火をゆっくりを眺めてみてください。

スポンサードリンク

 - イベント・お祭り